CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『ゼロ・グラビティ』で映画界に革命を起こした監督アルフォンソ・キュアロンとは?

アイキャッチ
出典:https://robbinsrealm.wordpress.com/

父は原子量物理学者、次兄は映画監督、三男は生物学者という家庭で育ったアルフォンソ・キュアロン。大学時代には、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、『レヴェナント: 蘇えりし者』などの撮影で知られるエマニュエル・ルベツキと出会い、その後故郷のメキシコで映画製作に携わり1995年からはアメリカでも活動をしています。
日本では『ゼロ・グラビティ』で一気に名が知れ、ベネチア国際映画祭の審査員長も務めるキュアロン監督の作品を紹介しましょう。

誇り高く生きる少女がつかんだ幸せとは?『リトル・プリンセス』

GREAT EXPECTATIONS
出典:http://www.empireonline.com/

母はなく、父も戦争へと行くことになりひとりになってしまうセーラは、暮らしていたインドからニューヨークの厳格な寄宿制の学校へ入ることになります。天真爛漫な性格で、厳しい校則にもめげずにふるまうセーラに、友人たちも影響されて校内のムードは変わっていきます。ところがある日、セーラの父親の訃報が届きます。孤児となってしまったセーラは学校の下働きとして扱われはじめます。そんな生活の中、セーラはある時父親によく似た男性を見かけるのでした。

1995年に公開された、キュアロン監督初のアメリカ長編映画です。高い評価を得てアメリカでの知名度も上げ、この3年後にはイーサン・ホーク、ロバート・デ・ニーロなどハリウッドの人気スターを起用した『大いなる遺産』を制作しました。

ダークな印象の新しいハリーの世界『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

10715_003
出典:http://comicvine.gamespot.com/

ハリー・ポッターは夏休み中に保護者であるダーズリーおじさんの家に帰っていました。しかし、相変わらずのいじめに耐えられず家を飛び出します。ハリーは魔法大臣の許可を得て人間界と魔法界を繋ぐパブに滞在し、そこでシリウス・ブラックという脱獄犯が自分の命を狙っていることを知ります。
実はシリウスとハリーの父親は親友だったこと、しかしシリウスの裏切りで両親は死んでしまったことを知り、ハリーは怒りを覚えるのですが…。

2004年のハリー・ポッターシリーズ第3弾です。当初監督を予定されていたのは前2作と同じクリス・コロンバスでしたが、彼の降板によりキュアロン監督が務めることになりました。今までにない大人っぽいハリーの世界となったという評価も得ています。

子供が生まれなくなった近未来を描いたSFアクション『トゥモロー・ワールド』

10715_004
出典:https://echoandboom.wordpress.com/

近未来の地球は恐慌状態に陥り、人類の出産能力が亡くなり18年間子供が生まれていませんでした。治安も悪化し、テロが頻発する中で青年・セオはひとりの黒人女性・キーと出会います。実はキーは妊娠しており、生まれる子供は政府に狙われていると知ったセオ。どうにか追手から逃れてキーは女子を出産するのですが…。

この作品の特徴として挙げられるのが、ひとつのカットを通常よりも長い時間をかけて撮影した”長回し”という撮影方法です。長回しはこの作品中で4か所使用されており、より臨場感のあるシーンになっています。

王道のおとぎ話要素が詰まったダークファンタジー『パンズ・ラビリンス』

10715_005
出典:https://storify.com/

森の砦に住む少女・オフェリア。身重の母は間もなく生まれてくる子ばかりを気遣い、オフェリアは空想の世界を楽しむ日々でした。ある夜、彼女の前に妖精が現れて森の迷宮へと連れて行きます。その番人バンは、オフェリアは本当は地底の国の姫だと伝えます。そしてオフェリアは姫であることを証明する3つの試練に挑むのでした。

2006年のメキシコ、スペイン、アメリカ合作映画です。この作品でキュアロンは制作として参加しています。監督、脚本は『パシフィック・リム』『クリムゾン・ピーク』などファンタジーのヒットメーカーで知られるギレルモ・デル・トロです。

スピルバーグやキャメロン監督も絶賛した『ゼロ・グラビティ』

宇宙空間での任務を遂行していたライアン博士たち。彼女たちは船外での作業をしていました。ところが予想していなかった宇宙のごみの飛来で、宇宙船はダメージを受け死亡者も出てしまいます。そして、ライアンとマットは宇宙に放り出されてしまい、マットの冷静な判断でどうにかふたりは宇宙船の無線でヒューストンと連絡をとります。使用不能になった宇宙船を離れて宇宙ステーションに向かうことにしたのですが、宇宙服の酸素も残り少なくなっています…。

gravity-2013
出典:https://mubi.com/

2013年公開。ゴールデングローブ賞監督賞、アカデミー賞監督賞、撮影賞、視覚効果賞などを受賞しました。脚本にはキュアロン本人と彼の息子ホナス・キュアロンが名を連ねています。
無重力状態を描き出すために、カメラのアングルや照明に徹底的にこだわり、最新のハイテク機器を用いて撮影が行われました。実写とCGIを融合させるなど、果てしない宇宙の暗闇と静けさの中で、見ている者も浮遊体験をできる作品です。

海外ドラマ「BELIEVE」では、ドラマ「LOST」や映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』などのJ・J・エイブラムスとタッグを組んでヒットさせたアルフォンソ・キュアロン監督。次回作ではどんな世界を見せてくれるのでしょうか。楽しみですね!

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
©JKR. Harry Potter and the Prisoner of Azkaban & Package Design c 2004 Warner Bros. Entertainment Inc

『パンズ・ラビリンス』
©2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERRANTO FILMOJ

『ゼロ・グラビティ』
©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

【関連記事】
◆21世紀を代表する名匠アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のおすすめ作品
◆SF映画の鬼才!テリー・ギリアムの生み出す強烈な映像作品

Facebookコメント

Return Top