CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

オシャレでアートな映画はいかが?ジム・ジャームッシュのおすすめ映画4選(ネタバレあり)

ジム・ジャームッシュ監督の手掛ける映画は、どれもオシャレでアートに満ち溢れた作品。カプチーノを片手に鑑賞したい。

あてどない青年の旅路はどこへ向かうのか?ダンスシーンは必見!『パーマネントバケーション』

image1
出典:http://www.amazon.co.jp/パーマネント・バケーション-DVD-クリス・パーカー/dp/B000I0RDPM

落ちこぼれ気味の16歳の高校生アロイシュス・パーカーは、眠れないまま、ニューヨークの裏街で歩きまって夜を過ごしてました。しかし母の見舞いの旅すがら、自分の周囲にも様々なアウトサイダーのいることに気付き、その出会いがおのずと、旅へ向かう自己の指針を決めていきます。

■みんなのレビュー
ニューヨークアンダーグランド映画界の巨匠、ジム・ジャームッシュの初期作品。全編モノクロームの美しい映画です。内容は青年たちが旅をするロードムービー。全編、淡々とした描写が続きますが、何気ない心象風景が心を打つ「本物」の芸術映画です。/Love Smile Design

 

モノクロームの芸術『ストレンジャー・ザン・パラダイス』

image2
出典:http://www.amazon.co.jp/ストレンジャー・ザン・パラダイス-DVD-ジョン・ルーリー/dp/B00005GRHY

ハンガリー出身で、今はニューヨークでギャンブラーとして生計を立てているウィリー(ジョン・ルーリー)の元に、クリーブランドに住む叔母(セシリア・スターク)から電話があり、叔母が入院する10日間、ブダペストから来た従妹のエヴァ(エスター・バリント)を預かることになります。風変わりなエヴァと無愛想なウィリーのあいだではなかなか会話がかみ合いませんが、日が経つにつれ打ち解けていきます。

■みんなのレビュー
青年三人が織りなす少し退廃的でユーモアのある噛み合ないロードムービー。カンヌ映画祭で新人映画賞を獲得した素晴らしい作品。/Love Smile Design

 

淡々と坦々と一夜の人間模様を描くオムニバス『ナイト・オン・ザ・プラネット』

image3
出典:http://www.amazon.co.jp/ナイト・オン・ザ・プラネット-DVD-ウィノナ・ライダー/dp/B00005GRI1
ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキ。様々な都市でタクシードライバーと乗客の日常が交錯するオムニバス作品。若い女性タクシー運転手コーキーは、空港で出会ったビバリーヒルズへ行こうとしている中年女性ヴィクトリアを乗せます。時折車内で電話で話すヴィクトリアは実は映画のキャスティング・ディレクターで、新作に出演する女優を探し出すのに手を焼いていました。口は汚いがチャーミングなコーキーに可能性を感じたヴィクトリアはある提案をします。

■みんなのレビュー
1991年製作。ジム・ジャームッシュ監督作。ジャームッシュ中期の代表作と言える映画。タクシードライバーと乗客の日常が織りなす人間ドラマを描いた作品。オムニバス形式でこの後続出する同じようなオムニバス作品たちの先駆けとなった。あいかわらず淡々とした演出だが、感情を揺さぶるシーンが多い「深夜」を感じる好作品。/Love Smile Design

 

カフェのトークをそのまま映画に?!『コーヒー&シガレッツ』

image4
出典:http://geneido3.ocnk.net/product/89
本作品は「変な出会い」が1986年に撮られて以降、ジャームッシュが断片的に撮られた11の作品からなるオムニバス映画。それぞれの物語に具体的な繋がりはありませんが、別々の物語で言っている台詞が類似している場合があります。
登場人物がコーヒー(時に紅茶)を飲み、煙草を吸いながら、とりとめもない会話をしているだけの映画ですが、俳優達の台詞や表情、間などで会話している人々の関係や作中に込められたユーモアが醍醐味。

■みんなのレビュー
ジム・ジャームッシュ監督作。2003年製作。カフェに来たひとたちが、コーヒーを飲みタバコを吸ってただしゃべっているという異色映画。この独特な感覚はクセになる。映像が美しいオムニバス作品。会話の内容がたまらなく愛おしい良作。/Love Smile Design

 

『パーマネントバケーション』
(C)1980 Jim Jarmusch
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』
(C) 1984 Cinesthesia Productions Inc.
『ナイト・オン・ザ・プラネット』
(C)LOCUS SOLUS, INC
『コーヒー&シガレッツ』
(C)Smokescreen Inc.

Facebookコメント

Return Top