CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

古川雄輝、舞台挨拶でツンデレ!『ライチ☆光クラブ』大阪・初日舞台挨拶!

2月13日より関東から先行公開をスタートし、大ヒット中の『ライチ☆光クラブ』。
2月27日の全国拡大公開の初日、大阪・梅田ブルク7、ティ・ジョイ京都にて、ゼラ役の古川雄輝くん、カノン役の中条あやみちゃんが登壇する初日舞台挨拶が行われました。
0227_litchi2
舞台挨拶の回のチケットが完売した梅田ブルク7では、大阪でもファンの多い古川くん、大阪出身の中条ちゃんが登場すると、歓声と拍手で大歓迎。

古川くんは、ゼラのセリフによる定例の挨拶を待ち構えるファンを前に、「おはよう・・・・・・、ございます」と第一声。ファンからのリクエストにも笑顔でスルーし、東京の舞台挨拶でも言い続けた「おはよう、廃墟の恋人たち」をまさかの封印!代わりに、故郷での凱旋舞台挨拶ということもあって中条あやみちゃんが、古川くんに変わって「おはよう、廃墟の恋人たち」と挨拶。
二人のツンデレなやりとりに、和やかなムードで初日舞台挨拶がおこなわれました。

古川雄輝さんコメント
「先に木村了くんの舞台を観ていて、その後で原作を読みました。オーディションから1年後に出演が決まって、もう落ちたと思っていた頃だったので、ゼラ役にきまった時は驚きました。でも、いままでの自分のイメージを壊すような、狂気的な役を一度演じてみたいと思っていたので、思う存分やらせていただきました。
 脚本にはないことも監督に提案してやらせていただいてます。この映画を観た後に、僕の演じたゼラというキャラクターに嫌悪していただけたら、役者としては嬉しいですね。」

 (中条さんの印象について)
「現場にいる男性キャストは、みんな中2っぽくて。中条さんが一番大人だったと思います。」

中条あやみさんコメント
「(水槽に落とされる薔薇の処刑のシーンについて)スタントの方がいるものだと思っていたら、「よろしく」といわれました、笑。あのシーンの撮影は、NGがでると、服など乾かしたりして大変なので、1発OKをもらいました。
撮影現場はとても寒くて、男の子たちとストーブの前で温まっていたら、ライチもストーブの前にやってきて一緒にあたたまっていて。かわいいなと思いました。ご覧になった方には、めっちゃよかったでと宣伝してほしいです。」

(古川さんの印象について)
「現場でもすごくゼラでした。徹底して役に入り込んでいて凄く勉強になりました。」

『ライチ☆光クラブ』作品詳細

ようこそ☆禁断の少年世界へ
工場から黒い煙が立ちのぼり、油にまみれた町、螢光町。この貧しい地の廃墟へ、深夜に集まる9人の中学生がいた。この秘密基地の名は「光クラブ」。強いカリスマ性と天才的頭脳を持つゼラが、他の8人を感化し従えている。
学生服を着こんだ光クラブのメンバーは、敬礼やドイツ語を重要な符牒とし、ゼラが作り上げた規律を重視していた。
彼らは今夜、この秘密基地を覗いてしまった女を捉えた。拘束された女はゼラに「きみ、常川君でしょ?!」と呼びかける。彼らが通う螢光中の先生だったのだ。女教師に向かい、ゼラは「ここにおいて我はゼラと規定される」と宣言する。他の少年たちもこの光クラブにおいては、ニコ、雷蔵、カネダ、デンタク、ダフ、タミヤ、ヤコブ、ジャイボという通称で呼び合っていたー。


2016年2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

Facebookコメント

Return Top