CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ビーチ・ボーイズの音楽に彩られたラブストーリー映画がキュンする


ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの苦悩と、ブランクを経てめぐりあった女性との恋愛を描いたラブストーリー映画が、キュンキュンするんです。

夏とサーフィンの歌が大ヒットし、人気の頂点にいたザ・ビーチ・ボーイズ

ラブ&マーシー001.jpg

1960年代「サーフィン・U.S.A.」をはじめ、リリースする曲はすべて大ヒットし、人気の頂点にいたザ・ビーチ・ボーイズ。
当時のリーダー、ブライアン・ウィルソン(ポール・ダノ)は、新たなサウンドを模索し、スタジオで曲作りに専念します。

薬物に溺れ、深く長い孤独な日々へと入っていくブライアン

ラブ&マーシー002.jpg
しかし、新作へのプレッシャーが重くのしかかり、メンバーたちの間に亀裂が入ります。心が完全に折れてしまい、ブライアンは次第に薬物に逃避するようになります。

美しく聡明なメリンダとの出逢い

ラブ&マーシー003.jpg
20余年が経ち、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダ(エリザベス・バンクス)との出会いでした。
2つの時代のブライアンを、2人1役で演じ分けるという大胆なアイデアです。80年代以降のブライアンを演じるのは、「ハイ・フィデリティ」のジョン・キューザック。哀愁とユーモアを添えて演じています。

希望の光を見つけ出したブライアンだったが…

ラブ&マーシー004.jpg
しかし、愛し合う二人の間に、ブライアンのすべてを管理する精神科医ユージン(「シンデレラマン」でアカデミー賞にノミネートされたポール・ジアマッティ)が立ちはだかります…。

本当の歌を取り戻すために立ち上がるブライアン

ラブ&マーシー005.jpg
想像を絶する苦闘の果て、希望の光を見つけるブライアン。ラストシーンでは、孤独を抱えたすべての人たちへの、彼からの愛と慈愛に満ちた幸せの贈り物に心を打たれます。
監督は、本作が初監督となるビル・ポーラッド。アカデミー賞を受賞した「それでも夜は明ける」のプロデューサーです。

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

Facebookコメント

Return Top