CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

癒しの音楽と映像美。休日は美しい映画で心のデトックスを

sub2_vv-235_large
出典:http://www.cinemawith-alc.com/

休日に映像や音楽が美しい映画を観て心のデトックスをしてみませんか?仕事などで忙しい日々を過ごしている方に、おすすめの映画を紹介いたします。

生きていることの美しさに気付かせてくれる『LIFE!/ライフ』

img_01
出典:http://movie.kamera-life.com/

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルターは、変化のない日々を繰り返していました。好意を寄せる女性と話すことも出来ず、現実から目を背けて空想することが唯一の特技の男。ある日、LIFE誌最終号の表紙のネガがないことに気付いたウォルターは、カメラマンを探す旅に出ることを決意し…。
グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤと、旅はウォルターの人生を変えるだけでなく、観ている人にも影響を与えてくれます。スケールが壮大で、自然の美しさに圧倒され、眼の前に広がる景色に飲み込まれそうに感じるほどです。映画でしか表現できないことを描いた作品です。

美しい映像と、かっこいい音楽と、おしゃれな雰囲気なら『SOMEWHERE』

somewhere-title
出典:http://www.naka-chang.net/

派手な生活を送るハリウッド・スターのジョニー・マルコだが、別れた妻と暮らしている11歳の娘・クレオをしばらく預かることになります。久しぶりに娘と過ごす時間は、騒々しさとは反対に穏やかな時が流れ、クレオとの日々のなかで、ジョニーは自分の人生を見つめ直していき…。
映像の美しさやセンスの良さに定評のあるソフィア・コッポラ監督の作品です。今作も透明感が漂うノスタルジックで美しい映像と、おしゃれにチョイスされた音楽。雰囲気に酔いしれるならこの作品です。

ハワイを感じたい人、ゆったりした時間を過ごした人におすすめ『ホノカアボーイ』

b0160459_2393884
出典:http://leathersqu.exblog.jp/

恋人に振られたショックで大学を休学したレオは、以前、恋人と一緒に来たハワイのホノカアを訪れます。ひょんなことから映画館で映写技師として働くことになったレオ。風変わりだけれど優しいホノカアの人たちとの交流のなかで、レオもゆっくり成長していき…。
海や町並み、美味しそうな料理にいたるまで映像が美しく、ふんわりした色使いも綺麗です。家のインテリアも凝っていて、家具や食器もおしゃれで、映像を観ているだけで楽しめる方もいるのではないでしょうか。ハワイ特有ののんびりした雰囲気とゆったりした空気感を楽しむ、癒されたい時におすすめの作品です。

圧倒的な映像美と世界観に酔いしれるなら『落下の王国』

147571_01
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

映画の撮影中に大怪我を負い、病院で寝たきりのスタントマン・ロイ。自暴自棄になっていた彼は、骨折して入院中の少女アレクサンドリアと出会い、彼女を利用して自殺するための薬を手に入れようとします。ロイはアレクサンドリアの興味をひくために、空想の冒険物語を聞かせ始め…。
20カ国でロケーションを行い、多数の世界遺産が登場するのも見どころですが、なんといっても撮影に4年をかけ、CGも一切使っていない圧倒的な映像美が魅力です。目を見張る鮮やかな色彩や特徴的な衣装とともに、壮大なファンタジーの世界観に引き込まれ、おとぎ話に迷い込んだような現実から離れた時間に浸ることができます。

美しい自然とともに心も再生させてくれる『サン・ジャックへの道』

51qoAIUUJjL
出典:http://www.amazon.co.jp/

母親の遺産相続の条件のため、世界遺産の聖地サンティアゴ(=サン・ジャック)まで、巡礼の旅に行かなくてはいけなくなった、険悪な3兄弟。彼らとともに旅をすることになったのは、イスラムのメッカに行けると勘違いしていた少年やワケありな女性など事情を抱えた個性的な面々。長い旅のなか、衝突を繰り返す3兄弟ですが…。
3兄弟が打ち解けていく姿や、一緒に旅している人たちの間で仲間意識が生まれてくる過程が素晴らしく、観賞後は清々しい気分にさせてくれます。美しい自然の風景とともに、ひと味変わったロードムービーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

役者の演技や物語だけでなく、映画の醍醐味は、背景の景色や音楽も一緒に全てを楽しめるところではないでしょうか。壮大な風景に引き込まれて心を揺さぶられたり、ノスタルジックな風景に心を癒されたり、流れてくる音楽に心地よさを感じたり。ストーリーを追うばかりではない、映画の楽しみ方で、疲れた心を癒してみてはいかがでしょうか。

Facebookコメント

Return Top