CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

《WEB限定予告》が到着!『ヒーローマニア–生活-』とにかく楽しいパーリーエンタテインメント映像!

人気漫画家・福満しげゆきの代表作「生活【完全版】」を、『ソフトボーイ』、『花宵道中』といった独特の世界観を構築し幅広いファンを獲得している豊島圭介監督が実写映画化!『ヒーローマニア–生活-』が、いよいよ5月7日(土)より全国公開となります。
turusi-maそしてこの度、<アクション><サスペンス><笑い>と、あらゆるエンターテインメント要素が詰まったこの作品の《WEB限定予告》が到着いたしました!


解禁されたこの映像には、”TURUSI-MA(吊るし魔)”と称される4人のやりすぎヒーローが、それぞれの特技を活かして奮闘する様子が映し出されています。また、映像内ではガジェットから繰り出されるアクションシーンはもちろん、中津とカオリのドキッとする急接近、雨の中たたずむ包丁を手にしたレインコートの人物、倒れこむ土志田を見て泣き叫ぶ中津の姿など、あらゆるエンターテインメント要素が詰まった見応えあるシーンばかり。映像のラストでは”腰の骨の出てるところ”をカナヅチで叩かれ悶絶する土志田と、一緒に顔をしかめる中津の様子も映し出されており、街を颯爽と歩く姿とのギャップに思わずクスッとしてしまうはず!
(キャラクター映像はココからチェック!

等身大の愛すべきヒーローたちの勇姿を、是非スクリーンで確かめてくださいね!

『ヒーローマニア–生活-』作品詳細

★予告編はこちらから★
サラリーマンをリストラされ、さっぱりうだつの上がらない中津(東出)は、コンビニでバイトするフリーター。ある時出会った、謎の身体能力を誇るニート土志田(窪田)、情報収集力抜群の女子高生カオリ(小松)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”の日下(片岡)と町を守る自警団を結成し、社会が裁ききれない小さな悪を天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始める。それはやがて、市民の賛同を得るようになり、自警団は巨大な組織に成長。日下がスカウトしたホームレス宇野(船越)を社長とし、低料金の警備サービスを提供する会社<ともしび総合警備保障>として操業を始める。しかし、新しいメンバーの中にはその力を私欲の為に使う者も現れ、秩序は徐々に崩れていく。はたして<ともしび総合警備保障>は、オリジナルメンバーたちは、どうなってしまうのか?事態は予想しないラストへと向かっていく―。

5月7日(土)全国ロードショー
©福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会

Facebookコメント

Return Top