CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ナタリー・ポートマン主演最新作。世紀のファーストレディ、ジャクリーン・ケネディを描いた4日間の物語。『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の予告編をアップしました。

3つのオススメポイント

1:『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキ―が制作、『NO』のパブロ・ララインが監督を担当
2:ナタリー・ポートマンが世紀のファーストレディ・ジャクリーンを見事に再現し、繊細かつ大胆に演じる
3:歴史に残るシーンの再現、優雅で洗練されたホワイトハウスの内装、こだわりの衣装や美術にも注目

ストーリー

ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された、1963年11月22日。妻の人生は一変した。
ジャッキーの愛称で親しまれた妻ジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)は、テキサス州ダラスでパレード中、夫の暗殺を目の当たりにする。しかし、彼女には最愛の夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、新たな大統領就任式に立ち会い、ホワイトハウスからは出て行かなければならない。まだ理解出来ない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人への怒り、様々な感情がジャッキーを襲う。
しかし、そんな中でも彼女が最も感じていたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは、葬儀までの4日間の自分の対応にかかっている。夫が築き上げたものを、単なる過去にはさせない―。
ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

出演者:

ナタリー・ポートマン
ピーター・サースガード 
グレタ・ガーウィグ
ビリー・クラダップ 
ジョン・ハート

スタッフ:

監督:パブロ・ラライン
脚本:ノア・オッペンハイム
製作:ダーレン・アロノフスキ―

公式サイト
配給:キノフィルムズ
2017年3月31日(金)より、TOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開
©2016 Jackie Productions Limited

Facebookコメント

Return Top