CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

漫画業界初の超異例の大企画!映画『銀魂』劇場版公開記念★原作漫画全巻、実写キャラビジュ帯巻き!

この夏の大本命!と注目の映画『銀魂』より、この度、実写映画公開に先駆け、6月6日(火)より全国の書店(一部を除く)の単行本68巻の帯に、実写映画の写真68種類が登場することが発表されました。

映画『銀魂』:帯巻き画像

68巻の帯に、実写映画の写真68種類登場!

6月6日(火)より発売となる原作漫画単行本68巻全てに施されることとなった“ランダム帯”は、小栗旬が演じる“万事屋銀ちゃん”のオーナー・坂田銀時を始めとする豪華キャストたちの写真が!
その完成度が話題を呼んだキャラクタービジュアルに、物語の鍵を握る重要なシーンが切り取られた場面写真や、笑いの絶えない撮影現場の雰囲気が垣間見えるメイキング写真や、キャストたちの仲良しオフショット。

この帯巻き企画でしか見ることのできないお宝写真もあるうえ、全巻での帯巻き企画は漫画業界初の施策!
是非、書店にてチェックしてみてください。

予想だにしなかった大事件へと巻き込まれる!

『銀魂』舞台は、黒船でなく宇宙人“天人”(あまんと)によって鎖国を解かれたパラレルワールドの江戸時代末期。主人公は銀髪天然パーマのぐうたら侍・坂田銀時(小栗旬)。特徴の薄いメガネ男子・志村新八 (菅田将暉)と宇宙最強の戦闘民族・夜兎族(やとぞく)の少女・神楽(橋本環奈)と江戸・かぶき町でなんでも屋“万事屋銀ちゃん”を営んでいます。いつも開店休業状態の万事屋の周りでは面白おかしい事件や騒動が勃発!思わず笑ってしまうような平和な日々を過ごす一方、かぶき町では辻斬り事件が多発。そんな中、万事屋へ銀時の盟友・桂小太郎を捜索して欲しいとの依頼が舞い込み…万事屋3人は予想だにしなかった大事件へと巻き込まれていきます。

漫画も、アニメも、実写も大盛り上がり!笑って、泣けて、アツくなる!映画『銀魂』は7月14日(金)より全国ロードショー!

■脚本/監督:福田雄一
■出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈
■原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
■製作:「銀魂」製作委員会
■制作プロダクション:プラスディー
■配給:ワーナー・ブラザース映画
映画『銀魂』公式サイト
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

【関連記事】:
◆全部で9種類!映画『銀魂』超豪華キャラクタービジュアル「ムビチケ」発売開始!
◆宇宙一バカな“侍映画”『銀魂』ついに完成!待望のWEB版予告&本ポスター解禁!

Facebookコメント

Return Top