CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

超豪華!映画『ジャスティス・リーグ』ジャパンプレミアイベントレポート

11月20日(月)六本木ヒルズアリーナにて行なわれた、映画『ジャスティス・リーグ』のジャパンプレミア。一段と空気の冷え込んだ1日となりましたが、そんな寒さをも吹き飛ばすほどの熱気溢れたイベントの様子をレポートします!

司会の方の合図とともに、レッドカーペットに3台の黒い車が到着。大歓声の中、フラッシュ役のエズラ・ミラー、サイボーグ役のレイ・フィッシャー、プロデューサーのチャールズ・ローブンが登場!待望の来日に集まった1,200人のファンは大興奮でした!

レッドカーペットを歩く間、3人は報道陣の取材を受けつつも、ファンからの熱い声援に対し、サインをしたり一緒に写真を撮ったりと、一人一人にとても丁寧に応えていた姿が印象的でした。会場内のモニターではそんな3人の様子が常に映し出されており、決めポーズや楽しそうな表情を見せるたび、会場には黄色い歓声が飛び交いました。約40分をかけてレッドカーペットを歩き、ステージイベント準備のため一旦退場。

レッドカーペットイベントの興奮冷めやらぬまま、ファンが次のステージイベントを今か今かと待ちわびていると、突然会場が暗闇に…!ステージ上のモニターにはカウントダウンの数字とともに、それぞれのキャラクターのマークが映し出され、ジャスティス・リーグの世界観を存分に表現。白いスモークの中、再び3人がステージに登壇すると、観客のボルテージは最高潮に!

エズラ・ミラー「みなさん、こんばんは。ここから見えるみなさんの輝く顔が本当に美しいです。みなさんがスーパーヒーローです。ありがとうございます。」
レイ・フィッシャー「大切な一晩にこうやって集まってくださってありがとうございます。『ジャスティス・リーグ』やっとみなさんと分かち合うことができる、我々も待っていた瞬間がやってきました!みんな本当にありがとう!」
チャールズ・ローブン「本当にまた日本に戻ってくることができて、とても素晴らしい気分です。6か月前に日本にいましたが、この街、この国が大好きです。今回初めて『ジャスティス・リーグ』一同に会しましたが、非常にエキサイティングです。また東京、日本でやっとプレミアということで、非常に嬉しく思っています。ありがとうございます。」
と、それぞれが一部日本語を交えながら挨拶し、ステージイベントがスタート。

まず、世界各国で大ヒットとなった今のお気持ちは?と尋ねられると、「62か国でナンバーワンを獲得しております。ここ東京が最後のプレミアということで一番スペシャルなプレミアになると思います。ですので、みなさんが一同に会していることを非常に嬉しく思っております。
」とチャールズがコメント。

続いて日本の印象について聞かれると、「このあとゲームセンターに行きます。2人でストリートファイターズの対決をする予定です。まだ勝負がついていないんだよね。」とおちゃめな一面を見せたエズラ。レイは「実は京都にも足を運んでみたいと思っています。チャック(チャールズの愛称)と奥様が案内すると言ってくれているので、お寺などいろいろな所に足を運んでみたいと思っています。」と答え、東京のみならず京都も楽しみたいとわくわくした様子で語っていました。

共演者については、エズラ「本当にみなさん大好きな俳優さんたちばかりで、みんな日本に来たいと思っていたと思います。地球上のあらゆる場所に行かなくてはならないということで(今は不在ですが)、精神的にはここにいると思っています。」、レイ「この現場では最高のキャストとスタッフに恵まれて、最高の経験をすることができました。他のキャストとも出会ってすぐに絆が生まれましたし、みなさんにも僕らがどれだけ愛情を持って作品を作っていたかを見ていただきたいくらいです。このイベントや、作品を通してこの愛情が伝わればいいなと思っています。」と愛にあふれたコメントを残しました。

そしてイベント中盤、パンサーの3人がスペシャルゲストとして登場!どうしてもチーム「ジャスティス・リーグ」を組みたいという熱烈オファーに対し、レイ「本当に危険な仕事だってわかってる!?」、エズラ「それぞれのスキルを見せて!」、チャールズ「一度入ったら抜けられませんよ!」とコメントし笑いを誘っていました。それでも熱烈コールを送る3人のため、なんと特別にチーム「ジャスティス・リーグ」を結成してもらえることに!「We are ジャスティス・リーグ!!!」と力強く掛け声を披露してくれました!

そしてさらに『ジャスティス・リーグ』大ヒットを祈願して、メジャーリーガーの前田健太選手が豪華な縁起熊手を持って登場。前田選手「ヒーローが大好きなので公開が楽しみです。子供のころ野球選手、そしてスーパーマンになりたいと思っていました。」とコメントし、おもむろに着ていたシャツのボタンをはずし始めると… なんと中にはスーパーマンのTシャツが!前田選手の粋なはからいに、ステージ上の登壇者は大盛り上がりでした!

さらに日本語で書かれたエズラ、レイ、チャールズそれぞれのお札を披露し、縁起熊手に願掛けをする場面も。この作品の見どころを聞かれると、「(この映画の登場人物は)確かに超人たちですが、こういったパワーを人間は持っていると思います。みなさん限界を感じずに、自分もなれるという気持ちで見ていただきたいと思います。」とチャールズがコメント。最後に縁起熊手といえば三本締めということで、登壇者と会場の観客で息を合わせた三本締めを行ない、キラキラと銀テープが宙を舞う中、イベントは幕を閉じました。

62の国と地域で初登場No.1!圧倒的なスケールで贈るアクション・エンターテインメント、映画『ジャスティス・リーグ』は11月23日(木・祝)公開!

映画『ジャスティス・リーグ』ストーリー

スーパーマン亡き後の世界。宇宙から来たステッペンウルフによる侵略の魔の手が迫っていた。目的は、3つ揃えると強大な力を手にすることができる“マザーボックス”。バットマンは、ワンダーウーマンと共に、“世界最速の男”フラッシュら、オンリーワンな特殊能力を持った超人たちをスカウトし、力を合わせ世界の危機を救うことができるのか?

『ジャスティス・リーグ』公式サイト
『ジャスティス・リーグ』
11月23日(木・祝)全国ロードショー
ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

Facebookコメント

Return Top