CinemaGene(シネマジーン)

「映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる」をコンセプトに、女の子が気になる情報満載のサイトです。

ママレづくしの会場で待望の実写映画がついにお披露目!映画『ママレード・ボーイ』完成披露試写会♡

3月21日(水・祝)東京・品川にて、映画『ママレード・ボーイ』の完成披露試写会が行われ、桜井日奈子さん、吉沢亮さん、中山美穂さん、檀れいさん、谷原章介さん、筒井道隆さん、佐藤大樹さん、優希美青さん、廣木隆一監督が登壇しました!

ママレづくしの会場で待望の実写映画がついにお披露目!映画『ママレード・ボーイ』完成披露試写会♡

この日は、豪華キャスト陣を一目見ようと多くのお客さんが集まり、改めて本作の人気や期待がうかがえました。そんな満席の会場には光希と遊、そして両親Sが暮らすシェアハウスが再現され、さらには“ママレード”色のカーペットがしきつめられるなど、まさにママレード・ボーイ一色!

いよいよイベントが幕開けとなり、スクリーンに桜井さんと吉沢さん2人の映像が映し出されると、早くも観客からは大きな歓声が飛び交いました!シェアハウスの扉を開け、桜井さんと吉沢さんを筆頭に、中山さん&谷原さん、檀さん&筒井さん、佐藤さん&優希さんら豪華キャスト陣が会場に登場すると、観客のボルテージは最高潮に!キャスト陣はそんな観客からの声援に応えるように、オレンジ色のママレボールを投げ入れながら、カーペットを練り歩き、原作の吉住先生からは、映画の完成をお祝いすると共に、映画を鑑賞した感想も届きました。

キャスト陣、「本当にキュンキュンして、恋っていいなと思える映画」

まずはじめに挨拶したのは、素直でまっすぐな主人公・光希を演じた桜井さん。「今この場所に立つことができる喜びを噛みしめています。今日ここまでこれたのはキャストスタッフの皆さんのおかげです。この作品に携わる全ての方に感謝します。ありがとうございます」と喜びいっぱいのコメントを。容姿端麗、甘くてクールな男の子・遊を演じた吉沢さんは「今日、ついにみなさんに映画をご覧いただけるということで、どんな感想が出るのかドキドキしています。早く観ていただきたいです!」とドキドキの心境を明かしました!

続いて、遊の母親役の中山さんは「本当にキュンキュンする映画になっています。素晴らしい作品に参加することができて嬉しく思います」と語り、遊の父親役の谷原さんは「撮影中、家族のシーンで桜井さんと吉沢くんがソファの端っこで2人で話している姿を見ていたら、本当の親になった気分でけしからん!と思ってしまいました(笑)親になった方も、今まさに恋している人も楽しめる映画だと思います」とそれぞれ両親目線から映画の魅力を語りました。

また、光希の母親役の檀さんは、連載当時から原作のファンだったそうで「こうしてオファーが来てとても嬉しかったです。なんで、光希役じゃないの?と思ったくらい(笑)若いキャストの皆さんが輝いていて、私も心にぐさぐさ刺さった楽しい映画になりました」と並々ならぬ思い入れを語り、光希の父親役の筒井さんは「恋っていいなと感じてもらえると嬉しいです。楽しんで観てください」と世代を問わず楽しめる映画だと太鼓判を押しました。

そして、光希と遊と三角関係になる佐藤さんは「男なのにキュンキュンしました。ただキュンキュンするだけでなく、言い表せない不思議な感情が起こる素敵な映画です」と、本作には女子だけでなく男子にも共感できるキュンポイントがあることを語り、光希の親友・茗子役の優希さんは「この映画を観て、私も恋したいなと思ったので、みなさんもきっと恋したくなるはずです。楽しんでください」と、自身の思いも交えながら挨拶を。本作のメガホンを執った廣木監督は「色んな世代に楽しんでいただける映画になったと思います。キュンキュンしていってくださいね!」と映画が完成した喜びを明かしました。

恋愛タイプ診断でキャスト陣の本音が明らかに!

本作では、両親がパートナーチェンジして一緒に暮らすという、一見ありえない設定を実現させようと、廣木監督のこだわりにより実際に一からシェアハウスを建てて撮影が行われたそう!イベントの雰囲気さながらに、撮影中は終始和やかに行われていたことが明らかになりました。そして意外にも、恋愛映画は初出演の桜井さんと吉沢さん!お互いのキュンとする所を問われると、吉沢さんは、桜井さんについて「ずっとキュンキュンしていました。柔らかくて妖精みたいな雰囲気だけど、実際はノリが良くておもしろい。人間的で好きですね」と話し、桜井さんは吉沢さんについて「撮影中に岡山弁が出ると突っ込んで場を和ませてくれました」と息の合ったトークに花が咲きました。

ここで、本作の内容にちなみ、恋愛タイプ診断を実施!恋愛に関する質問にキャスト陣が○×で回答しました。「告白は自分でする?」という質問に対し、即答で告白すると答えたのは筒井さん!優しい雰囲気とは裏腹に積極的な一面に会場もざわめきます。また「恋人ができたらみんなに知らせたい?」という質問に対しては中山さんは知らせる派だそうで「友達とかみんなで仲良くなりたいですよね」とプライベートな一面を明かすなど、ここでしか聞けない豪華キャスト陣の恋愛トークに観客も大興奮の様子でした!

回答を集計した結果、優希さんは甘くてクールなママレードタイプ。一番多かった吉沢さん、佐藤さん、中山さん、谷原さん、筒井さんは、苦味の中に甘みのある大人なビターチョコタイプ。檀さんはマスタードタイプ。そして、桜井さんと廣木監督は、まさかのドエスなタバスコタイプに!見た目とは裏腹に意外なギャップが明らかとなりました。

最後に、吉沢さんと桜井さんよりメッセージが。

吉沢「どの世代の方が観てもキュンキュンして、それだけではなく、光希と遊の成長や、恋が愛に変わっていく物語に感動できると思います。是非まわりの人にも勧めていただき、今後この作品をどんどん盛り上げていけたらと思います」

桜井「とても愛のつまった作品が出来上がりました。両親の愛からつながり、子供が愛を伝える、愛の物語だと思いますので、皆さんもこの映画を愛していただけたらと思います。本日はありがとうございました」

豪華キャストが一同に会して映画が完成した喜びを明かすと共に、世代を超えて愛される本作ならではの魅力を語り、トキメキ溢れるイベントは大盛り上がりのうちに幕を閉じました!

甘くてクール(ママレード)な彼と、突然のシェアハウス!?トキメキの毎日からはじまった、とまらない恋の、ありえない行方。映画『ママレード・ボーイ』は4月27日(金)公開です!

『ママレード・ボーイ』ストーリー

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

『ママレード・ボーイ』公式サイト
桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂
原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一 脚本:浅野妙子 廣木隆一  音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

【関連記事】
◆桜井日奈子×吉沢亮“ナイショの恋”の予感!?映画『ママレード・ボーイ』本予告&ポスタービジュアル解禁♡
◆カリスマ人気コミック『ママレード・ボーイ』桜井日奈子 × 吉沢亮W主演で実写映画化大決定!

Return Top