CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

人気脚本家だけど映画監督も!宮藤官九郎が監督した映画をご紹介!

アイキャッチ

さまざまなヒットドラマや映画を世に送り出してきた、脚本家の宮藤官九郎。映画監督としても活躍しています。宮藤官九郎の映画監督デビュー作から、最新監督作品をご紹介します。

映画監督デビュー作品はまさかの男色系!『真夜中の弥次さん喜多さん』

yaji_kita_2
出典:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/

宮藤官九郎は、2005年に『真夜中の弥次さん喜多さん』で映画監督デビューを果たします。
主演は、クドカン作品にも多く出演しているTOKIOの長瀬智也。そして歌舞伎役者として活躍する中村七之助です。
しりあがり寿の漫画を題材にした作品で、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を題材に、幻想と現実が混じり合った、独特の演出が特徴の作品です。ワイルドかつ男らしい弥次郎兵衛こと弥次さん(長瀬智也)と、美形の役者喜多八こと喜多さんは、深く愛し合う恋人同士の関係です。しかし、弥次さんには妻がいましたが、ひょんなことから妻を死なせてしまいます。そこで、薬物中毒の喜多さんを治す名目で、江戸を飛び出し、伊勢を目指します。その道中、様々なハプニングに見舞われ続けますが、無事に伊勢にたどり着くことができるのか…というストーリーです。

l
出典:http://www.amazon.co.jp/

ギャグコメディー映画なのですが、クドカンらしいサスペンス的な要素も取り入れられていて、リアルと幻想のはざまで何がどうなっているの?これは現実なの?というワールドに引き込まれます。長瀬智也のコメディー慣れした演技は、本当にこの映画とマッチしています。

そして、長瀬智也もさることながら、中村七之助の魅惑的な仕草と、イッちゃってる演技に役者魂を感じました。出演者も豪華で、こんなところにこの俳優さんを使うの!?といった驚きもあります。歌あり、ダンスあり、なんでもありのクドカンワールドです。でも最後には妙にまとまりがあって、終わってほしくない!まだまだ観ていたいと感じさせる作品です。

お気楽系OLとパンクバンドのおっさん5人とのドタバタライブツアーと青春を描く『少年メリケンサック』

メリケンサック_001
出典:http://blog.moeru-movie.com/

宮藤官九郎映画監督、第2作目は、2009年に公開された宮崎あおい主演の『少年メリケンサック』です。ひょんなことから、凶暴なおじさん4人組のパンクバンドを引き連れライブツアーを行うため、全国を回ることになったOLの奮闘を描く、ハイテンションコメディー映画です。
バンドの映画を創りたかったクドカンは、パンクバンドからすごくかけ離れているということで、宮崎あおいに白羽の矢をたてたそうです。おじさんバンドメンバーを演じるのは佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城といった豪華なメンバーです。宮崎あおいをはじめ、出演者たちはこの映画でしか観ることができない、ハイテンションかつ、クレイジーな一面を見せてくれています。
それにしても、清純派の宮崎あおいの違った一面をここまで引き出せているのは、クドカンだからではないでしょうか。

メリケンサック_002
出典:http://marantz.blog36.fc2.com/

宮崎あおいにだんだんと手なずけられていく、オジサンメンバーもかわいらしくて微笑ましいです。ここでも、単純にコメディーと言うだけではなく、少年の心を忘れないおじさんたちの熱い思いが伝わり、思わず応援したくなります。他にも、勝地涼、ユースケ・サンタマリア、そして今大人気の星野源などがチョイ役で出演しています。OLとおじさんたちの青春を、パンクなハイテンションでご覧ください。

中学生男子の妄想をリアルに映像化!中学生っておもしろい!『中学生円山』

S0721_195
出典:http://www.eyescream.jp/

『少年メリケンサック』から約4年ぶり、映画監督3作品目の作品は、中学生の思春期の妄想がテーマの『中学生円山』です。
エッチなことばかり考えている中学生の男子が、近所で起こった殺人事件を、団地に越してきた謎のシングルファザーが犯人ではないかと、妄想し始めるというストーリーです。円山少年の父親役に仲村トオル、母親役に坂井真紀、主演の謎のシングルファーザー役をSMAPの草彅剛が演じています。そして中学生円山役を演じているのは、宮藤官九郎脚本ドラマ「11人もいる」に出演していた平岡拓真です。この平岡拓真は普通のどこにでもいるような中学生らしさが出ています。俳優さんたちは一人一人がそれぞれ役を互いに引き立て合い、尊重していて観ていてとても気持ちがいいです。

思春期の男子の考えていることをリアルに画面に表現したこの作品は、小さなことを少し考え始めただけでこれだけの妄想を繰り広げられることができるのかと、感心できます。妄想、青春という難しいテーマをクドカンらしく表現しています。それと同時に、クドカンの原点、くだらないけど全力でやれば楽しいという原点は、ここにあるのかもしれないと思わせます。誰もが通ったであろう、妄想だらけの思春期を思い出しながら浸ってみてください。

最新作!ファーストキスをするために蘇りに命をかける!?『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

軽web用メイン

2016年6月25日に公開予定の『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、第4作品目の映画監督作品です。主演は『真夜中の弥次さん喜多さん』でも主演を務めた長瀬智也。そして神木隆之介です。
大助(神木隆之介)は修学旅行中にバスが転落して、フライングで地獄へ行ってしまいます。そこで出会うのが、赤鬼のキラーK(長瀬智也)です。好きな女の子とキスもしていないで死んでしまったことにひどく後悔する大助に、キラーKは閻魔裁きで現生に転生できると告げます。果たして大助は転生し、キスをすることができるのでしょうか。出演者はその他、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名という豪華キャストです。予告編だけでも、とても面白そうな作品です。今度はどんなクドカンワールドを見せてくれるのか楽しみです。

今回は映画監督作品をご紹介しましたが、脚本作品もさまざまなテーマやジャンルがありますので、笑いたいとき、バカなことがしたいとき、何も考えたくないときなどぜひご覧ください。きっと、クドカンワールドの虜になるはず…!

Facebookコメント

Return Top