CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

【4月公開作品】迫力バトル or 青春胸キュン、あなたはどっち?4月公開のオススメ作品をチェック!

みなさん、こんにちは!明日から4月ですが、4月といえば新しい年度のスタート!進学・就職するみなさんも、引き続き学生・社会人のみなさんも、環境が変わる人もそうでない人も、新しい気分になる季節!そんな4月に公開するCinemaGene編集部オススメの作品をまとめてご紹介♪ さっそくチェックしていきましょう~!

戦いは〔新生代〕へ
4月13日(金)公開 『

【4月公開作品】迫力バトル or 青春胸キュン、あなたはどっち?4月公開のオススメ作品をチェック!

♡編集部注目ポイント♡
①疾走感溢れる、ド・ド・ド迫力な映像!
②家族から見放されたジジイの華麗なる活躍!
③とにかく泣けるラストシーン…!

<ストーリー>
人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。
強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

『いぬやしき』公式サイト
 
本郷奏多 二階堂ふみ 三吉彩花
/ 濱田マリ 斉藤由貴 伊勢谷友介
原作:奥 浩哉「いぬやしき」(講談社「イブニング」所載)
監督:佐藤信介 脚本:橋本裕志 音楽:やまだ 豊
(C)2018「いぬやしき」製作委員会 ©奥浩哉/講談社

この怪物に出会うまで、私たちはみんな独りだった。
4月27日(金)公開 『

【4月公開作品】迫力バトル or 青春胸キュン、あなたはどっち?4月公開のオススメ作品をチェック!

♡編集部注目ポイント♡
①友の絆&仲間と過ごす大切な時間!
②旬な若手俳優・女優が勢揃い!
③菅田将暉さんのふにゃっとした笑顔!かわいい~!

<ストーリー>
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春()と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)の二人は、恋人はおろか、友達もいない。
二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。
そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

『となりの怪物くん』公式サイト
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち
原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔 脚本:金子ありさ 音楽:林ゆうき
(C)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (C)ろびこ/講談社

本気の恋は甘いだけじゃない
4月27日(金)公開 『

【4月公開作品】迫力バトル or 青春胸キュン、あなたはどっち?4月公開のオススメ作品をチェック!

♡編集部注目ポイント♡
①ありえない設定だからこその胸キュン!
②吉沢亮さんの顔面偏差値!桜井日奈子さんが癒し!この二人眩しすぎる!
③原作をもとに現代風にアレンジされた人気の制服!

<ストーリー>
本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

『ママレード・ボーイ』公式サイト
 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂
原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一 脚本:浅野妙子 廣木隆一  音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

以上、4作品を紹介しました!みなさん気になる作品は見つかりましたか?4月は新たなスタートを切って、いろいろと大変なこともあるかと思いますが、映画を楽しむなど息抜きも大事にしながら、一緒に頑張っていきましょう!引き続きCinemaGeneもよろしくお願いします♪

CinemaGeneのTwitterで最新情報をゲット!
↓↓フォローはコチラから↓↓
CGxTIFF_twfollow02

Return Top