高杉真宙、ド緊張のそのワケは!?作品の印象や役についてもたっぷり語る!映画『世界でいちばん長い写真』完成披露上映会

高杉真宙、ド緊張のそのワケは!?作品の印象や役についてもたっぷり語る!映画『世界でいちばん長い写真』完成披露上映会 イベントレポート

高杉「去年の夏、青春を送ることができた」
原作者の誉田先生へメッセージ!

――実は本日こちらの会場に、原作者の誉田哲也先生がいらっしゃっています!

(拍手)

高杉真宙、ド緊張のそのワケは!?作品の印象や役についてもたっぷり語る!映画『世界でいちばん長い写真』完成披露上映会

高杉「いやぁ…!本当にありがとうございます…!こうやって来てくださることが、素直に嬉しいなって思いますね。自分たちにこうやって預けていただいて、役というキャラクターをいただいてやるっていうのは、真剣にやっていかなきゃいけないと思っていますし、真っ直ぐに演じて世界観を作っていきたいなという思いでやらせていただきました。この作品があったからこそ、自分は去年の夏に青春を送ることができて、こうやってみなさんと撮影ができて、本当によかったなって。もちろん“作品”としてやらせていただきましたけど、自分の青春として、ノンフィクションとして撮影できたんじゃないかなと。こうやって『世界でいちばん長い写真』という作品にめぐり合うことができてよかったです。これから公開ですが、頑張りたいと思います!」

草野監督「これがあったからずっと緊張していたんですよ…!」

高杉「本当にすごく緊張していたので…」

水野「解き放たれましたね!」

――みなさんの思いを代表して伝えるって緊張しますよね…!

高杉「僕よりも絶対言葉伝えるのうまい方いらっしゃいますから…」

草野監督「いや~、でも本当に意識高くてね、うちの高杉くんも!」

(笑)

――撮影現場を振り返ってみていかがですか?

高杉「本当に仲が良い現場で、実際にモデルになった学校で撮影させていただいたということもあって、どれだけこの学校に馴染めるのかなっていうのがまず課題だったんです。本物の生徒さんの前で、僕たちが生徒の役をやるっていうのはかなり目立つので、浮かないようにしようと思いながら。キャスト、スタッフのみなさんは仲が良くて、みんな若返っていましたね!暑い夏を一瞬で駆け抜けていく感じがありました。」

――武田さん、撮影現場そのものが青春という感じでしたか?

高杉真宙、ド緊張のそのワケは!?作品の印象や役についてもたっぷり語る!映画『世界でいちばん長い写真』完成披露上映会

武田「高校生チームを見ていて、その青春を見ている自分も青春している気分になりました。自分のクランクアップのときは一切泣かなかったのに、高校生チームのクランクアップのときは何だかもらい泣きしてしまって… それくらいすごく感動しました!」

――青春が詰まった作品ですので、ぜひみなさんにも楽しんでいただけたらと思います。

このあと映画を象徴する存在ともいえるひまわりを持ってフォトセッションが行われ、なんとお客さんにも撮影タイムが!真ん中、上手、下手に向かってそれぞれピースをしたり、笑顔で手を振るみなさんでした。

――では、最後に高杉さんから一言お願いします。

高杉「本日はお越しいただきありがとうございました。『世界でいちばん長い写真』この舞台挨拶からも分かる通り、本当に仲の良いメンバーで撮影させていただきました。さっき話しすぎてしまったので、改めてまとめるってなると難しいですけど、今回この撮影で、自分は本当の高校生活を忘れて、この高校生活に記憶を…」

水野「何があった!(笑)」

(笑)

高杉「いや、それくらい楽しかったんですよ!(笑)」

水野「よかった…!(笑)」

高杉「それくらい本当に仲の良い現場で、こんなに素敵な環境で演技ができたことを幸せに思います。観た人がきっと好きになってくれる映画だと思っていますし、楽しく、良い青春を送った思い出がたくさん詰まっております!みなさんぜひ応援よろしくお願いします!ありがとうございました。」

映画『世界でいちばん長い写真』は6月23日(土)より公開です!

『世界でいちばん長い写真』ストーリー

高校写真部の内藤宏伸(高杉真宙)は引っ込み思案がたたり、部長の三好奈々恵(松本穂香)に怒られるばかり。人物写真をテーマにした写真品評会も人を撮るのが苦手な宏伸にとっては苦痛でしかなかった。しかし、高校最後の夏休みのある日、宏伸は従姉の温子(武田梨奈)が店長をしているリサ
イクルショップで今まで見たことがない大きなカメラと出会う。カメラの使い方がわからない宏伸は温子の勧めで近所の写真館の店主・宮下(吉沢 悠)を訪ね、このカメラは360度長い写真が撮れるよう改造された世にも珍しいパノラマカメラだということが判明する。宮下に使い方を教えてもらい、
宏伸はパノラマカメラで最初の360度撮影する。現像した写真を見て、いままでにない感動を感じた宏伸は次の日から360度撮影したい景色を探して街を自転車で駆け巡る。そうしてようやく辿り着いたのは温子の旧友、智也(水野 勝)が育てるひまわり畑だった。

『世界でいちばん長い写真』公式サイト
2018年6月23日(土)~シネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショー
©2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会

【関連記事】
◆高杉真宙主演でおくる青春感動ストーリー!映画『世界でいちばん長い写真』キャスト&ビジュアル&予告編一挙解禁!
◆まるで役から飛び出してきた!?終始キラキラオーラが止まらない!映画『虹色デイズ』撮影裏話や本気告白もアリの完成披露試写会♡