CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

映画『東京喰種 トーキョーグール』窪田正孝&清水富美加、新ビジュアル解禁!「赫子(カグネ)」の姿がついにお披露目!

7月29日(土)公開の映画『東京喰種 トーキョーグール』より、主人公・カネキ(窪田正孝)トーカ(清水富美加)の新ビジュアルが公開!実写映画化にあたりそのビジュアルに大きな期待が寄せられていた、「赫子(カグネ)」の姿がついに解禁です…!

今回解禁されたのは、カネキ(窪田正孝)トーカ(清水富美加)が、それぞれ赫子を発動させた姿。
赫子は喰種の捕食器官で、戦いの際には強力な武器としても使用されるもの。触手のような独特なビジュアルで、喰種によってタイプがさまざまに分かれているのが特徴です。映画では、最新のVFX技術とキャスト陣のアクションが見事に融合し、実写版ならではの迫力溢れる赫子として登場しています。

両者とも目が赤く変貌する「赫眼(カクガン)」状態で、体からはリアルな赫子が飛び出している…という完全な臨戦態勢を披露。カネキからは腰の辺りに出現する「鱗赫(りんかく)」、トーカからは肩の辺りに出現する羽のような「羽赫(うかく)」が飛び出しているが、リアルな質感に加えキャストの表情と相まって、今にも動き出しそうな大迫力のビジュアルとして完成しています。特に劇中“とあるきっかけ”で初めて発動するカネキの赫子は、窪田さん渾身の演技も加わり衝撃的な姿として映し出されるので、ファンならずとも必見です!

映画ではカネキやトーカのほかにも、さまざまな喰種たちが個性的な赫子を披露。さらに赫子に対抗できる武器「クインケ」を持ったCCG(喰種対策局)も参戦し、規格外の大迫力のバトルが展開されます!コミックともアニメとも異なる、実写映画だからこそ実現できた至極のバトルアクションはぜひスクリーンで体感してください!

映画『東京喰種 トーキョーグール』特別予告&ストーリー


人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。
水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

■原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
■出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助
佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了
■監督:萩原健太郎
■脚本:楠野一郎
■配給:松竹
『東京喰種 トーキョーグール』公式サイト
7月29日 全国公開
©2017「東京喰種」製作委員会 ©石田スイ/集英社

【関連記事】:
◆劇団EXILE・鈴木伸之の鍛え抜かれた“肉体美”解禁!映画『東京喰種 トーキョーグール』“亜門鋼太朗”劇中トレーニング写真一挙公開!
◆大泉洋、ハマリ役と話題!映画『東京喰種 トーキョーグール』“クインケ”を持った“真戸呉緒”新ビジュアル解禁!

Facebookコメント

Return Top