CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

知念侑李×中川大志×小松菜奈、苦労の撮影秘話を語る!映画『坂道のアポロン』ビジュアル・コメンタリー収録レポート♡

小玉ユキ先生による伝説的コミックを原作に、友情に、恋に、音楽に、運命を変える出会いを描いた必泣の感動作、映画『』のBlu-ray&DVD が9月19日(水)に発売!豪華版の特典であるビジュアルコメンタリーの収録レポートが到着しました!

知念侑李×中川大志×小松菜奈、苦労の撮影秘話を語る!映画『坂道のアポロン』ビジュアル・コメンタリー収録レポート♡

主人公・薫を演じるのは、映画単独初主演となる)さん。薫と魂の片割れのような親友となる千太郎役をさん、薫に想われる、千太郎の幼馴染・律子役をさんが演じます。メガホンをとったのは、青春映画の名手として知られる監督。オール九州ロケを敢行し、雄大な自然を背景に描かれる温かくも切ない青春模様とセッションシーンの躍動感を化学反応させ、唯一無二の感動作を作り上げました。

Blu-ray、DVD豪華版の特典ディスクには、知念侑李さん×中川大志さん×小松菜奈さん×三木孝浩監督によるビジュアル・コメンタリーをはじめ、メイキングや、“本編別アングル収録”セッション・シーン集など貴重な特典映像を収録。また、内容盛りだくさんの豪華ブックレットも封入されています。

中川「正直ナメてた。」
演奏シーンの苦労について語る!

知念侑李×中川大志×小松菜奈、苦労の撮影秘話を語る!映画『坂道のアポロン』ビジュアル・コメンタリー収録レポート♡

9月19日(水)にリリースとなる映画『坂道のアポロン』Blu-ray&DVD 豪華版に収録されるビジュアル・コメンタリーの収録が行われ、知念さん、中川さん、小松さん、三木監督が、オール九州ロケからちょうど一年となる撮影を振り返りました。

知念さんが「すでに映画をひと通り見た方々が(ビジュアル・コメンタリーを)見ていると思うので、そんな皆さんが知らない事とか、思い出も語りながら、一緒に楽しんでもらえたらと思う。」と意気込みを口にすると、中川さんは「(知念さんたち)みんなと一緒に観られるのって、嬉しいですね。」とワクワクを隠せない様子!

本編は、物語の10年後のシーンからスタート。知念さん演じる薫は医師となり病院に勤務。そこで子どもたちにせがまれてピアノを披露するシーンが、知念さんのピアノ演奏ファーストカットだったそうで、「めちゃくちゃ緊張した。今見ても緊張する。」と心境を漏らした知念さん。このシーンでは実際に現場で知念さんが弾いたピアノの音をそのまま使用していることが監督から明かされると、「本当に緊張した」と撮影当時の緊張感を振り返りました。

知念さん、中川さんは演奏シーンも手元の吹替えなし。それぞれ先生について練習を重ねて撮影に挑んだといいます。「演奏しながらセリフを言ったり、芝居するのはとても難しかった。正直ナメてた。」と中川さんが言う通り、シーンを完成させる要素は演奏だけではありません。それだけに、セッションシーンは観る人の心を震わせるような素晴らしい出来映えになっています。

後半の体育館での薫と千太郎(中川)のセッションシーンは演奏と二人の心がシンクロしていく様子が見どころ。知念さんは「練習も体育館で、実際のシーンと同じ楽器の位置で何度も練習した。」と語りました。その他のシーンも、演奏だけでなく、目線の合わせ方や、演奏を聞いている律子(小松)や観客、生徒たちの表情など、全てが合わさって、完成度の高いシーンに仕上がりました。

Return Top