CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

“青夏”エピソードに、佐野から葵へのサプライズまで盛りだくさん!映画『青夏 きみに恋した30日』前日祭舞台挨拶♡

葵&佐野、2人の信頼関係がステキ!
「わかな 大好き」のサプライズも!

にぎやかなステージから一転、明日8月1日が公開初日という話になると、葵さんは「今にも心臓が飛び出そうなくらい緊張している」と緊張の面持ち。W主演を務めた佐野さんに対して「短い期間だったけれど、共演4度目の安心感があった。私は周りからしっかりしている大人だと言われることがあるけれど、できないことや不安なこともあります」と心境を吐露し、「そんな私ができないことを佐野君ができて、助けてくれた。これまで2人で頑張ってきて良かった。お疲れ様でした」と感謝を述べました。

照れる佐野さんも「役者仲間というか、幼馴染のような印象。自分は頼りない男だけれど、わかなちゃんに助けられることも多く、理緒がわかなちゃんでよかった。お疲れ様」と答えると、葵さんが「ありがとう」と伝え、2人の信頼関係が垣間見える場面も。

“青夏”エピソードに、佐野から葵へのサプライズまで盛りだくさん!映画『青夏 きみに恋した30日』前日祭舞台挨拶♡

ここでキャストと古澤監督が主演の2人に感謝の言葉を送る中、佐野さんからは「わかな 大好き」と直筆で書かれた色紙が葵さんにプレゼント!余白には共演者の寄せ書きがあり、まさに“青夏”の思い出とも言える一枚。佐野さんから「わかな、大好き」と言われて受け取った葵さんは「思ってないでしょ?泣かせる気?」と照れつつも、思い出と喜びを噛みしめていたのでした。

青春よりも青くて熱い<この夏だけ>のピュアラブストーリー!映画『』は本日8月1日(水)より公開です!

『青夏 きみに恋した30日』ストーリー

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒()は、そこで地元の高校生・吟蔵()と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香()や、理緒に想いを寄せる祐真()たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

『青夏 きみに恋した30日』公式サイト
葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠、
霧島れいか、南出凌嘉、白川和子/橋本じゅん
主題歌:Mrs. GREEN APPLE 『青と夏』
挿入歌:Mrs. GREEN APPLE 『点描の唄(feat. 井上苑子)』 (ユニバーサルミュージック/EMI Records)
原作:南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:
脚本:持地佑季子
音楽:得田真裕
制作プロダクション:東北新社
配給:松竹
8月1日(水)ROADSHOW
©2018映画「青夏」製作委員会

【関連記事】
◆ストイックな体作りなど、役へのこだわりを語る!映画『青夏 きみに恋した30日』佐野勇斗さんインタビュー♡前編
◆まさかの終業式にサプライズ登場で、学生たち大盛り上がり!映画『青夏 きみに恋した30日』サプライズイベント♡

Return Top