吉沢亮、自ら映画の魅力をたっぷり語る♡ギャップなプライベートも明らかに!映画『あのコの、トリコ。』最速試写会レポート

吉沢亮、自ら映画の魅力をたっぷり語る♡ギャップなプライベートも明らかに!映画『あのコの、トリコ。』最速試写会レポート イベントレポート

――ちなみに吉沢さんは好きな人ができたら、その人のために何でもしてあげられますか?

吉沢「“何でも”はできないですよ、さすがに!(笑)仕事と恋愛はきっちり分けますけど… 仕事は仕事ですから!」

――なるほど…!ネタバレにならない程度にお気に入りのセリフを教えていただきたいのですが、今日はせっかくお客様もいらっしゃいますから、“雫”をお客さんの名前に変えて言っていただきたいなと…!私の名前で呼んでほしいよっていう人~!

吉沢「(手を挙げながら自分の名前を言うお客さんを見て)すごい!今日で一番元気ですね!(笑)誰だろう?いろんな名前がありすぎて… どうしようってなってるんだけど、(ボードを持つお客さんに反応して)ほのかって呼んでって書いてあるから、ほのかさんにしようかな!」

――では、雫をほのかさんに変えてお願いします!

吉沢「ほのかのためなら何だってできる。」

セリフを言ったあとに思わず吹き出してしまう吉沢さん(笑)

吉沢「何このちょっと、すんってなる感じ!(笑)すんってなりましたね、だいぶ(笑)」

Not爽やかがばれた!?
吉沢が“トリコ”になっているものが明らかに!

――この映画は『あのコの、トリコ。』というタイトルですが、吉沢さんがトリコになっているものって何かありますか?

吉沢「結構お笑い芸人さんとかの動画は好きでよく見ていますね…!」

――それをまた家でずっと見てるんですね(笑)

吉沢「基本的に半径5m以内でできることしかやってないと思います(笑)」

――最近お気に入りの方はいらっしゃいますか?

吉沢「いろいろ見ちゃってるから誰だろうな~ 難しいな~ トンツカタンさんとか?知ってるよって人~?」

(ぽつぽつとしか手の挙がらない客席)

吉沢「嘘でしょ!?」

――トンツカタンさんはどんな方なんですか?

吉沢「3人組で基本的にはコントをされているんですけど、シュールでありつつ、キャラクター性がおもしろくて、ネタ自体の話もしっかりしてますし… おもしろいんですよ!」

――普通に熱く語ってますね!(笑)ちなみにもう少し本作っぽいもので何かありますか…?(笑)

吉沢亮、自ら映画の魅力をたっぷり語る♡ギャップなプライベートも明らかに!映画『あのコの、トリコ。』最速試写会レポート

吉沢「爽やかじゃないのがばれましたね(笑)う~ん、何だろう… 逆にこういうのにトリコになってたらかわいいっていうのあります?」

(カワウソ!)

吉沢「カワウソ!?あ、動物系ね!いやぁ、すごい最近猫の動画とか見てて~ もうほんっとにかわいいんですよ~ すごい癒されてて~ 休憩中ずっと見てる!かわいい!はい、こんな感じで!」

(笑)

――では、ここでお時間となってしまいました。これから映画をご覧になるみなさんに、改めて一言お願いします!

吉沢「もちろんキュンキュンしていただくところもあるんですけど、頼と雫と昴のそれぞれの成長物語でもあって、夢を目指している若者が成長していく姿というものをしっかり描いている作品でもあります。キュンキュンしつつ、彼らのキラキラした青春に浸っていただけたら嬉しいです。ありがとうございました!」

吉沢亮、自ら映画の魅力をたっぷり語る♡ギャップなプライベートも明らかに!映画『あのコの、トリコ。』最速試写会レポート

最後はお客さんと一緒に、本作のイメージにピッタリなハートの風船に囲まれながらフォトセッションを行い、イベントは終了しました!映画『あのコの、トリコ。』は10月5日(金)公開です。

記事の写真はCinemaGeneの公式InstagramにもUPしています!こちらもチェックしてみてくださいね!

吉沢亮、自ら映画の魅力をたっぷり語る♡ギャップなプライベートも明らかに!映画『あのコの、トリコ。』最速試写会レポート

『あのコの、トリコ。』公式サイト
吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮
水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗
原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comi フラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良
主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
10月5日(金)全国ロードショー!
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会