CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

厳しい寒さでの撮影が作品をよりリアルに!『映画 少年たち』旧奈良監獄凱旋イベントレポート

2月24日(日)奈良・旧奈良監獄にて、『』の旧奈良監獄凱旋イベントが行われ、SixTONESのジェシーさん、さん、さん、松村北斗さん、さん、さん、)さん、(関西ジャニーズJr.)さん、)さん、本木克英監督が登壇しました!

厳しい寒さでの撮影が作品をよりリアルに!『映画 少年たち』旧奈良監獄凱旋イベントレポート

寒さと闘った撮影を振り返る!思い出の撮影場所でスペシャルトークショー

約1年ぶりに撮影地・旧奈良監獄に凱旋し、100人の観客を前にスペシャルトークショーを行った監督とキャスト陣。明治期に建設された五大監獄の一つで、2017年に重要文化財に指定された旧奈良監獄での今回の撮影は、映画の製作総指揮であるジャニー喜多川氏が、同施設がホテルに変わるというニュースを見たのが始まりとのこと。「この場所だったら本物の「少年たち」が撮れる」というジャニー社長の思いのもと、法務省や関係各所に調整が行われ、見事撮影が実現。旧奈良監獄での映画撮影は初となり、『映画 少年たち』が記念すべき撮影第1号の映画に。出演者たちは「この地に戻ってくることができて光栄」だとコメントし、撮影以来となった今回の再訪に喜びを覗かせました。

ちょうど1年前の2月に行われた本作の撮影。ジェシーさんは「カイロを20枚くらい貼りながら撮影にのぞんだ」と話し、雪の降る日もある中、西畑さんは「春の設定のシーンを5分丈の衣装で撮影をした」と語るなど、過酷な撮影現場の様子も明らかに。松村さんは「寒かった分、実際の刑務所で過ごすように「リアリティ」を作れたのでは」と撮影の感想を述べました。

続いて、約2か月の準備期間を経て、入念なリハーサルのもと挑んだ、映画最大の見所でもある冒頭8分間にも及ぶ1カット撮影について。ダンスが苦手だという髙地さんは、最後の7分頃に登場することから、「ミスをしたらイチからやり直し、まわりに迷惑をかけたらやばい」と相当なプレッシャーを感じていたそう。しかし本番では見事1発OKを決め、難易度の高い撮影を見事成功に収めました。

Return Top