キャストも観客もド・ド・ド緊張!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』初日舞台挨拶レポート

キャストも観客もド・ド・ド緊張!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』初日舞台挨拶レポート イベントレポート

――では、キャストのみなさんにベスト胸キュンシーンを伺えればと思います

上白石「ん~もう全部です!お二人が私の顔を見ているってだけで、ごめんなさいって感じで…」

杉野&横浜「そんなことないよ。」

上白石「本当にごめんなさいみたいな!だって一体何人がこの役をやりたいだろうと思うと、本当に申し訳ない、ごめんなさい、でもありがとうございますと思っていました(笑)『L♡DK』は同居のお話なので、壁ドンとかいろいろありますけど、「おかえり」っていうセリフが結構多くて、言うたびに自分の心がポッと熱くなるような感覚はありました。家族以外の人に対する「おかえり」っていうのは、結婚したり、同居したりしないと、なかなか味わえないことじゃないですか。だから柊聖にも玲苑にも「おかえり」っていうたびにキュンとしましたね。うん、すごくいい感じだと思う、このコメント…!(笑)」

杉野「俺、このあとどうしようって思っちゃった(笑)」

上白石「全然いいよ!思ったまんまを言って!」

杉野「あの「おはよう」っていうのが…」

横浜「おい!それちょっと似てるぞ!?(笑)」

杉野「でも同居シーンは全部温かかったですよね。自分が一人暮らししてるっていうのもありますけど、近くに存在が感じられるって温かいなと思います。3人での歯磨きのシーンとか、料理一緒に作ったりっていうシーンは、すごくキュンキュンしました!」

――横浜さんはいかがですか?

キャストも観客もド・ド・ド緊張!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』初日舞台挨拶レポート

横浜「じゃあお二人のベスト胸キュンを!まず上白石萌音さんは、プリンのシーンで「俺の好きなところ100個言ってみろ」って言ったときに、健気に答えてる姿。やっぱりそういう葵の姿はかわいいですよね。柊聖は…」

杉野「だいたい分かるな(笑)」

横浜「持ち上げドンの顔!(笑)あのフッて笑うのよかったですよね?あれ女子はたまんないんじゃないですか?」

上白石「30回くらい言ってるよね(笑)」

杉野「一番最初に特報を見たのが、二人でどっか行ったときの帰りで、先に流星が見てたんだよね?そしたら「見ろよ、この顔いいぞ」って(笑)」

横浜「「めっちゃいいよ!これみんなキュンキュンするよ!」って言ってね(笑)」

上白石「だんだんそれ以外にないのかってなってきたけど(笑)」

杉野「最近それしか言われないから、そこしかないのかなみたいな(笑)」

横浜「違うよ!その中でも特にあの顔がいいってこと!」

――映画のように実際に3人で同居することになったらどんなことをしてみたいですか?あと同居するうえでのルールがあれば教えてください。

横浜「川村監督は入れなくて大丈夫ですか?(笑)」

川村監督「僕が入ったらお父さんになっちゃうじゃん(笑)」

横浜「何だろう… 別々の部屋作ってほしいですね。」

杉野「あと別々のトイレとお風呂!」

上白石「それもう同居じゃないよ(笑)」

杉野「そっか。あの部屋でってことですもんね?」

上白石「UNOとかトランプしたい!」

横浜「ゲームは楽しいかもね。1人じゃないできないから。」

上白石「ルールは同居していることは絶対に外に言わないでほしい。そんなの嫉妬の嵐じゃないですか!耐えられない…!(笑)」

キャストも観客もド・ド・ド緊張!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』初日舞台挨拶レポート

杉野「なんか3人で雑魚寝とかはしたいかも。楽しくない?本当に劇中にあるような感じで。あの部屋だったら雑魚寝するしかないし(笑)」

上白石「寝ないでずっとしゃべってそうだよね。そういう想像ができるほど、居心地のいいメンバーだったなと思います。素の自分で、自然体でいることを許してくれるお二人だったので。」

イベントレポート
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene