CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

【解禁!】『溺れるナイフ』主題歌MVから溢れ出す小松菜奈&菅田将暉のラブラブオーラが凄い!

11月5日(土)公開の映画『溺れるナイフ』より、劇中の映像を使用した主題歌「コミック・ジェネレイション」のMVが解禁!
夏芽(小松菜奈)とコウ(菅田将暉)が、海岸をバイクで走り抜ける幸せすぎる映像が収められています!

小松菜奈&菅田将暉のラブラブオーラが凄い!『溺れるナイフ』主題歌MVはコチラ!

主題歌を担当したのは、本作で人気フォトグラファー・広能を演じ、俳優として映画初出演を飾っているミュージシャンの志磨遼平さん。自身のソロプロジェクト・ドレスコーズとしてこの「コミック・ジェネレイション」を提供していますが、実はこの曲、志磨さんが2011年まで在籍していた伝説のバンド・毛皮のマリーズの名曲。当初は、毛皮のマリーズのバージョンを予定していたが、「昔のぼくはあまりに傲慢で、自分以外の誰のためにも歌ってはいない。今作に寄り添うことが出来ているかはなはだ不安です、と正直に伝え、監督との相談の末にこの度の再演奏・再録音を行いました」と、志磨さん自らの要望で再録することになったのだそう!

また、MVの解禁に合わせて志磨さんと、本楽曲を聴いたヒロイン・夏芽役の小松菜奈さんからのコメントも到着!

志磨遼平さん
「これは『溺れるナイフ』という夢、その中で暮らす夏芽とコウちゃんのためだけに演奏した(つまり自分以外のために演奏する、初めての)“コミック・ジェネレイション”です」

小松菜奈さん
「『愛も平和も欲しくないよ。だって君にしか興味ないもん!』この歌詞はナツメとコウの関係に凄くぴったりであの燃え尽きた夏(撮影)を思い出し、色んな感情が湧いて心にグッときました。映画を観てこの曲を聴いた後も皆さんの心に残る曲と歌詞になると思います。」

「コミック・ジェネレイション」は、映画「GANTZ:O」主題歌となった「人間ビデオ」とW主題歌シングルとして10月12日(水)より発売中。さらに、10月25日(火)からカラオケチェーン“まねきねこ”で主題歌を歌うと、映画グッズほか豪華賞品が当たるキャンペーンを実施予定。11月5日(土)公開に向け、ますます盛り上がりをみせる『溺れるナイフ』に、引き続きご注目ください!
Print

『溺れるナイフ』作品紹介

あの頃、君が世界の全てで、私たちは永遠だと信じていた―。
15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような‘閃光’と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将輝)だった。傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。失われた全能感、途切れてしまった絆。傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは― 。


11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷ほか全国ロードショー
©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

【関連記事】
◆批評家が才能を絶賛!『溺れるナイフ』などを手掛ける、新鋭・山戸結希監督って?
◆『溺れるナイフ』原作者・ジョージ朝倉って知ってる?

Facebookコメント

Return Top