公開日決定!映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典×新田真剣佑ティザービジュアル、特報映像、追加キャストが一挙解禁!

0917(木)午前6時WEB解禁_ティザービジュアル_名も無き ニュース

2021年1月29日(金)に公開が決定した映画『名もなき世界のエンドロール』より、この度緊張感に満ちた特報&ビジュアルが解禁となりました!

0917(木)午前6時WEB解禁_ティザービジュアル_名も無き

本作初の映像解禁となる特報では、名も無き世界でお互いに支え合ってきた幼馴染のキダ(岩田剛典さん)、マコト(新田真剣佑さん)、ヨッチ(山田杏奈さん)の3人が仲良くじゃれ合う回想シーンが走馬灯のように映し出されるシーンから一変、キダとマコトのシリアスな表情が映し出され、 “この物語には仕掛けがある”というメッセージと共に、衝撃のエンドロールを彷彿とさせる緊張感あふれるシーンが収録されています。

「俺はこのエンドロールを見届けなければならない、なあそうだろ?」と問いかけながら、鋭い表情で一点を見つめるキダの姿とともに、10年かけてキダとマコトが企てた、日本中を巻き込んだ“ある壮大な計画” へのカウントダウンの始まりを告げる時計の秒針の音で映像が締めくくられる演出が見所です。また、その演出をさらに盛り上げているナレーションは、主演の岩田さんが担当しています。

併せて解禁となったティザービジュアルでは、 “名も無き世界”にいるかのような薄紫色の空の下に、意味深な表情でたたずみ、何かを想い、計画しているようなキダとマコトが切り取られています。

さらに、中村アンさん演じるリサの父親で、世に多大な影響力をもつ大物政治家を石丸謙二郎さん、キダとマコトが働く自動車修理工場の社長でキダが裏社会に入るきっかけを作った人物を大友康平さん、キダを<交渉屋>へと育てる、裏の世界で暗躍する組織のトップを柄本明さんが演じていることが明らかになりました!百戦錬磨のベテラン実力派俳優陣が集結し、物語に厚みを醸出しています。

ラスト20分、2人が見つめている先にある、想像を絶する衝撃のエンドロールとは―!?

映画『名も無き世界のエンドロール』は2021年1月29日(金)全国公開です!

『名もなき世界のエンドロール』公式サイト
<あらすじ>
クリスマス・イブの夜。日本中を巻き込んだ、ある壮大な計画が実行されようとしていた―。複雑な家庭環境で育ち、淋しさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。しかし20歳の時に、ヨッチが2人の前からいなくなってしまう。そんな2人の元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。住む世界の違うリサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。
2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。マコトの執念とその“理由”を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓う。以来、キダは〈交渉屋〉として、マコトは<会社経営者>として、裏と表の社会でのし上がっていく。そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった─。ラスト20分、衝撃のエンドロールが幕を開けるー。

■原作/行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
■監督/佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 –かさね-』 など) 
■出演/岩田剛典 新田真剣佑 山田杏奈
■制作プロダクション/RIKIプロジェクト、共同テレビジョン 
■配給/エイベックス・ピクチャーズ           
■コピーライト:©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会   
■公式Twitter:https://twitter.com/namonaki2021
■公式Instagram:http://instagram.com/namonaki2021
@namonaki2021 #名も無き