菅田将暉がファンからの恋愛相談アドバイスやAwesome City Clubの「勿忘」生歌唱に会場大興奮!映画『花束みたいな恋をした』大ヒット御礼トークイベントレポート!

菅田将暉がファンからの恋愛相談アドバイスやAwesome City Clubの「勿忘」生歌唱に会場大興奮!映画『花束みたいな恋をした』大ヒット御礼トークイベントレポート! イベントレポート

公開から約1ヶ月ながら驚異のV6&観客動員数200万人越え&興行収入27億円で記録を更新し続けている映画『花束みたいな恋をした』。この度、6週連続1位という大ヒットに感謝を伝えるべく、3月10日(水)TOHOシネマズ六本木@スクリーン7にて大ヒット御礼トークイベントが緊急開催され、山音麦役の菅田将暉さんと土井裕泰監督が登壇しました!

『花束みたいな恋をした』メイン 『花束みたいな恋をした』菅田さん1ショット

集まったファンに向けて「あまりに大ヒットしていて、本当にこんなことになるとは思っていませんでしたし、ありがたい現象だなと思います。周りの反響もすごくて、色々な人から連絡をいただきますし、現場でも観たよという声を貰います。皆、めっちゃ語ってくれるんですけど、この映画ならではの現象なのかなと思います。ちょうどOKAMOTO’Sのレイジ君が今日観てくれたみたいなんですが、『最後のファミレスのシーンで、麦くんと同じタイミングで同じ熱量、同じ量の涙が出た』と言っていました(笑)」と菅田さんの周りでも大ヒットの影響は大きく喜びを露わにし、「男女で感想を分けるのは違うなと思っていたんですが、女性と男性の意見が結構違っていたのも面白かったです。女性の意見は表情もにこやかで、あんな恋愛分かるよね、したいよねって生き生きと喋っているのに、男性は昔付き合っていた女性のことを思い出しながら、しみじみと懐かしんでいることが多いんです(笑)」と男女による感想の違いにも興味深く語りました。

土井監督も「平日にもかかわらず、劇場に駆けつけてくださった全国316館のお客様、ありがとうございます。公開されて6週経った今もこういう場でご挨拶させていただけるのはなかなか無いことなので、僕自身も幸せですし、幸せな映画だと思います。観た人の数だけ感想が生まれて、皆がどこかで語り合っていたり、SNSに感想を投稿したり、どんどん現象が広がっていって今時だなと思います。」と生中継で観ている観客の皆さんにも感謝を述べながら今の心境を答え、会場は大きな拍手で包まれます。

今回、SNSではお二人への質問を募集し、沢山の質問が入った箱の中から一枚ずつ引き当てることに。まず菅田さんが引いたのは「麦くんと絹ちゃんは2025年、どう過ごしていると思いますか?」という質問です。「どうなっているんでしょうね?よりを戻すことはないと思うなあ…会社に勤めつつ、昔よりは減ったけど今もカルチャーに触れているか。地元で花火師になっているか。もしくは絹ちゃんと一緒にいるのか、の三択ですかね。」と菅田さんの想像が膨らみます。監督は以前から未来の二人について考えていたようで、「30代を迎えた麦くんと絹ちゃんがどうなっているのか観てみたいです、って坂元さんに話をしたら、『30代は辛いことしかないから、作っても楽しい映画にはならないんじゃない?(笑)』って言われました(笑)麦くんはもしかすると会社を辞めて、もう少し絵を活かせる仕事に転職しているかもしれないですよね。」と麦の明るい未来を切望しました。

続いて土井監督が引き当てたのは「坂元さんが想定していたターゲットの10代や20代以外にも、幅広い年代にこの映画が刺さった一番のポイントはどこだと思いますか?」という質問です。「先ほど菅田くんも話していましたが、一番始めの試写会で泣いていたのはほぼ30代以上の男性だったんです。上手くいかない恋愛や仕事の悩みなど、そういう人生を一通り歩んできた方がこの映画を観ると、麦と絹の状況と完全に同じではないけれどこの空気、瞬間を知っているというシーンが所々にあるんじゃないかなと思います。」と本作が共感必至と言われる所以を分析しました。

菅田さんの周りにも共感している方が多いようで、「『麦に感情移入しすぎたり、過去に同じような経験をしたな、というのが積み重なりすぎて、自分の中で有村架純と付き合っていた過去がだんだん出来上がる』というジョークを色々な人から何回も聞きました(笑)」と、麦と自分を重ねている男性も多くみられるご様子です。

最後に菅田さんが引いた20歳大学生の方からの質問は「私は中学の同級生だった彼と付き合って1年半が経ちますが、遠距離恋愛なので月に2回会えたら良い方です。社会人と学生の恋愛は難しいとよく言いますが、どうすれば今後も仲良く続けられると思いますか?」という真面目な恋愛相談です。これには菅田さんも頭を悩ませ、「なるべく会う回数を増やせたらいいですけど、難しいですよね。電話にしろ、会うにしろ、なるべくコミュニケーションをとる。毎日ではなくていいけど、顔を見たり、声を聞いたり、お互いが生きている証が交差する時間が増えたらいいなと思います。物理的に会わなくなると好き嫌いじゃなくて、気持ちが薄れていく可能性もあるので…。今ここでどうにかできる悩みじゃないので、二人を呼んで2時間くらい話しましょう!」と親身にアドバイスを与えました。

更に本日はスペシャルゲストとして、本作へ出演し、インスパイアソングも手掛けたAwesome City Clubが駆け付け、「今日はお呼びいただき、ありがとうございます!」(Atagiさん)、「はな恋大ヒット、おめでとうございます!」(PORINさん)「今日はよろしくお願いします!」(モリシ―さん)とそれぞれ挨拶。

インスパイアソング「勿忘」は映画と併せて大注目を集めていますが、Atagiさんは「本編に楽曲を使っていただいたり、ボーカルのPORINが出演したというご縁があって、試写会に参加させていただいたんですが、映画を観てものすごく感銘を受けました。涙が溢れたし、割り切れない感情が自分の中で渦を巻いて、この感情をどうにか曲に出来ないかなと。もし良ければ作品をテーマに曲を書かせていただけませんか?というご相談からこの曲が生まれました。」と楽曲誕生の経緯を明かしました。

そして何と今回特別に、Awesome City Clubが「勿忘」のアコースティックバージョンを生披露!一夜限りのミニライブが実現いたしました!アコースティックの優しくしっとりとしたメロディながらも力強く歌い上げた「勿忘」には、思わず涙してしまう観客の姿も。映画を観終わったばかりの方にとって、作品の魅力を最大限に引き立てる素晴らしいひとときとなりました。

Awesome City Clubの素晴らしいパフォーマンスに、菅田さんも「最高!!久々にライブを観れて感動しました!」とコロナ禍での貴重な生歌に胸を打たれた様子。監督も「ありがとうございました、アコギバージョンもすごくいいですね!」と感激に浸ります。

Atagiさんは「とにかく慣れない雰囲気の中での演奏だったのですが、いざ歌い始めると曲と作品の世界に入り込むことができたのでいい経験でした。楽しかったです。」とライブを振り返り、PORINさんも「すごく緊張しましたが、一番この曲を届けたかった皆様の前で歌を披露できたことがとても嬉しかったです。」と直接歌を届けられる喜びを噛み締めました。  

最後に会場にお越しのファンの方々と、全国でイベント中継を観ているファンに向けて菅田さんが「映画と音楽が一緒に広まっていく形は理想的だし、坂元さんのオリジナル脚本の作品ということも個人的に理想や夢がいっぱい詰まった映画でした。大ヒットは皆様のおかげです。本当にありがとうございました!」、土井監督が「今日映画を観るのが2回目、3回目の方もいると思いますが、色々な感想を広めていただきたいです。そしてこの映画について色々なコミュニケーションをとっていただければ嬉しいです。ありがとうございました!」とそれぞれメッセージを贈り、菅田さんとAwesome City Clubの豪華共演が実現した特別な夜は大盛り上がりの中、春休みに向けて“はな恋現象”の勢いを更に後押しするよう幕を閉じました。

映画『花束みたいな恋をした』は絶賛公開中です!

『花束みたいな恋をした』公式サイト
映画『花束みたいな恋をした』
脚本:坂元裕二  監督:土井裕泰
出演:菅田将暉 有村架純
清原果耶 細田佳央太
韓英恵 中崎敏 小久保寿人 瀧内公美
森優作 古川琴音 篠原悠伸 八木アリサ
押井守 Awesome City Club PORIN/佐藤寛太 岡部たかし
オダギリジョー
戸田恵子 岩松了 小林薫

撮影:鎌苅洋一 照明:秋山恵二郎 美術:杉本 亮 装飾:茂木 豊 撮影効果:実原康之 録音:加藤大和 編集:穗垣順之助(J.S.E.) 音楽:大友良英 衣裳:立花文乃 ヘアメイク:豊川京子 スクリプター:加山くみ子 イラストレーション:朝野ペコ VFXプロデューサー:赤羽智史 助監督:石井 純 製作担当:宮下直也
企画:孫 家邦 菊地美世志 那須田 淳 プロデューサー:有賀高俊 土井智生

製作:『花束みたいな恋をした』製作委員会 配給:東京テアトル、リトルモア
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会