菅田将暉主演、映画『CUBE』新キャストに山時聡真が登場!

菅田将暉主演、映画『CUBE』新キャストに山時聡真が登場! ニュース

1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』。密室サスペンスの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇るこの作品を、この秋日本を代表する実力派俳優陣により、ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして10月22日(金)から全国公開します!

毎月18日を<「CUBE」=部屋の日>と定め、初回の4月18日<死ぬ部屋の日>には、本作で危険の象徴である「部屋」が次々と映し出される<特別映像>や、原作をリスペクトしつつも緊迫感を張り巡らせた<完全オリジナルストーリー>情報、「CUBE」生みの親であるヴィンチェンゾ・ナタリの<クリエイティブ協力>情報、そして素数が示す時間によって様々な危険トラップが発動する<映画公式HPの大幅リニューアル>が発表されました。

本日18日<部屋の日>に、山時聡真さんの出演情報が解禁となりました。5歳の時のスカウトをきっかけに子役として活動し始め、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(19年)・NHK「少年寅次郎」(19年)・NHK連続テレビドラマ小説「エール」(20年)・フジテレビ 「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」(21年)など数々の話題ドラマに出演し、昨年大ヒットした映画「約束のネバーランド」(20年)では同世代の子役の中でも圧倒的な存在感を放った、いま大注目の若手ホープ俳優です!

18日(火)AM8時『CUBE』<山時聡真 出演情報>解禁リリース

さらに山時さんと同じ所属事務所(株式会社トップコート)の先輩でもあり、本作の主演、菅田将暉さんとの写真もこの度 初公開となりました。その役どころは、<CUBE=部屋>に突然閉じ込められた後藤裕一(菅田さん)の弟:後藤博人(山時さん)。果たしてどのように後藤に絡んでいくのか、期待が高まります!

写真を撮影した日は菅田さんのクランクアップ日。初共演の山時さんとの撮影を終えて、菅田さんは「山ちゃん最高だった!」と大絶賛!そんな山時さんは「菅田さんが演じられた後藤裕一の弟役で、その緊張感を保ちながら撮影に臨みました。何よりも事務所の先輩である菅田さんと同じシーンを経験できた事は僕にとってとても貴重な時間でした。1カット1カット噛み締めながら、そして博人に寄り添いながら、作品に挑むことができたと思います」とコメント。

出演する作品は必ず話題を呼び、いまや“日本を代表する俳優の1人”と言っても過言ではない菅田さんと、同じ事務所に所属し、活躍の場をメキメキと広げている若手ホープ俳優の山時さん。まるで実在する兄弟のような、2人の関係性・共演シーンにご注目ください!

<山時聡真さん コメント>
後藤博人役を演じさせて頂きました。台本を読んだ時、博人から感じられたのは”深い闇”でした。 作品に入る前に清水監督と役について話し合えたことで、より博人として入りやすくなりました。今回、菅田さんが演じられた後藤裕一の弟役で、その緊張感を保ちながら撮影に臨みました。何よりも事務所の先輩である菅田さんと同じシーンを経験できた事は僕にとってとても貴重な時間でした。1カット1カット噛み締めながら、そして博人に寄り添いながら、作品に挑むことができたと思います。

映画『CUBE』は10月22日(金)より全国公開です。

『CUBE』公式サイト
<ストーリー>
目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中だったー。
突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員。彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…。恐怖と不信感の中、終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。果たして彼らは無事に脱出することはできるのか?! 

<作品概要>
■タイトル:『CUBE』
■原  作:ヴィンチェンゾ・ナタリ「CUBE」             
■出  演:菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎
■監  督:清水康彦
■製  作:「CUBE」製作委員会
■配  給:松竹株式会社
■公式twitter:@cube_m0vie
■©表記 :(C)2021「CUBE」製作委員会

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene