Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』話題作が絶えない若手女優・山田杏奈が熱演 主人公に揺るぎない思いを抱く、幼馴染・晶に注目!

Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』話題作が絶えない若手女優・山田杏奈が熱演 主人公に揺るぎない思いを抱く、幼馴染・晶に注目! ニュース

Prime Videoにて絶賛配信中のAmazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』。本作は、魂を導く管理人に突然死を告げられ、高校生 小林真の身体に乗り移る(ホームステイする)ことになった主人公のシロが、100 日間という制限時間の中で、真の“死の理由”を探ってゆく感動のミステリー作品です。

Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』話題作が絶えない若手女優・山田杏奈が熱演 主人公に揺るぎない思いを抱く、幼馴染・晶に注目!

主人公のシロを演じるのは、ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(19)の好演で話題を呼んだ長尾謙杜さん(なにわ男子)。そして共演には映画『ひらいて』(21)や、映画『彼女が好きなものは』(21)の山田杏奈さん、そして映画『スパゲティコード・ラブ』(21)で映画デビューを果たした八木莉可子など、今注目の若手役者陣が集結しました。

この度、小林真の幼馴染・藤枝晶を演じる山田杏奈さんは、晶役を演じる上で心掛けていたことを明かしました。

Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』話題作が絶えない若手女優・山田杏奈が熱演 主人公に揺るぎない思いを抱く、幼馴染・晶に注目! Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』話題作が絶えない若手女優・山田杏奈が熱演 主人公に揺るぎない思いを抱く、幼馴染・晶に注目!

山田さんが演じる晶は、少しぶっきらぼうなところもあるが、何があっても真の味方でいてくれる幼馴染。真に乗り移ったシロに多少違和感を覚えながらも、常に真を案じてくれています。

そんな晶を演じた山田さんは「晶は真面目で根がしっかりしている女の子で、私の中の晶の行動原理は、“真のことを大切にしている”ということです。監督とはその部分を芝居の中でどういう風に出していくかを話し合いました。」と晶が子供の頃から変わらずに持っている真への想いを汲み上げながら、役を演じたことを告白しました。

幼少期からいつもすぐ側にいた晶には、真の本当の姿が目に焼き付いている。だからこそ、シロが真の死の真相に近づく為には、晶の存在が欠かせません。晶の知る真を理解することが、謎を解く大きなカギを握っているのです。

山田さんといえば、高い演技力で今注目を集めている若手女優。MONGOL800 の大ヒットソング「小さな恋のうた」をもとに、バンド活動をしている高校生たちが大切な人々に想いを伝える姿を描く青春映画『小さな恋のうた』 (19)では、親の反対を押し切り、バンドの紅一点として夢を追いかける少女・譜久村舞を演じ、ホラー映画の名手・清水崇監督が手掛けた映画 『樹海村』(21)では霊感が強く、人々を襲う呪いと闘う女の子・天沢響を好演しました。

ホラーからラブストーリーまで、幅広い役柄を演じてきた山田さんは、女優としての心構えについて「芝居が好きな気持ちを持ち続けたいです。自分の芝居を観て“上手くいった!”と思ってしまうと、女優業を止めてしまうと思いますので、常に“こうすればよかった”、“ああすればよかった”という気持ちをずっと持ち続けたいと思います。」と告白しました。

話題作の出演が絶えない注目の女優・山田杏奈さんが演じる、主人公に秘めた想いを寄せるちょっと不器用な幼馴染。本作ではこれまでとはまた一味違った、新たな山田さんの魅力が垣間見えます。

感受性豊かな高校生の心の旅路をユニークな視点で描き、普段気付くことのできない人の想いや絆の大切さを綴った、Amazon Original『HOMESTAY(ホームステイ)』はPrime Videoにて絶賛配信中です。

『HOMESTAY(ホームステイ)』作品サイト
『HOMESTAY(ホームステイ)』概要
タイトル:『HOMESTAY(ホームステイ)』
配信開始日:2022年2月11日(金)
出演:長尾謙杜(なにわ男子)/山田杏奈、八木莉可子/望月歩/眞島秀和、渋川清彦、阿川佐和子、篠井英介、渡辺大知/濱田岳/
石田ひかり、佐々木蔵之介 他
監督:瀬田なつき
脚本:菅野友恵、大浦光太
音楽:mio-sotido
クリエイティブプロデューサー:三木孝浩
原作:森絵都「カラフル」
コピーライト:©2022 Amazon Content Services, LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.
ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene