映画『TANG タング』二宮和也×満島ひかり 「いずれどこかでご一緒できると思っていた」 初共演の二人が語る「人生の宝物」とは…?新場面写真解禁!

映画『TANG タング』二宮和也×満島ひかり 「いずれどこかでご一緒できると思っていた」 初共演の二人が語る「人生の宝物」とは…?新場面写真解禁! ニュース

8月11日(木・祝)公開の映画『TANG タング』より、二宮和也さんと満島ひかりさんの姿を捉えた新場面写真が解禁となりました!

映画『TANG タング』二宮和也×満島ひかり 「いずれどこかでご一緒できると思っていた」 初共演の二人が語る「人生の宝物」とは…?新場面写真解禁!

初共演!二宮さんと満島さんが語る「人生の宝物」とは…?

二宮さん演じる健の妻でバリバリ働く弁護士の絵美を演じる満島さん。キャリアウーマンの妻と無職の夫という対照的な2人、しかも絵美にもまた健には言っていない秘密があり……。本作では初共演にして夫婦役となった演技派2人の掛け合いも大きな見どころとなっています。

今回の初共演について二宮さんと満島さんは「いずれどこかでご一緒できると思っていた」と口をそろえて話したそう。「(共演が)こんなにポップな作品だとは思っていませんでしたが(笑)やっと(作品で)会えてほっとしたというか、共演出来るんだなと嬉しく思いました。」と語る二宮さんの話を受けて、満島さんもそれぞれの経験を例に上げて「二人ともこれまで振付をされて歌って踊ってきたので、いい共演なのかもと思いました!」とコメントしています。

そんな二人が演じる健と絵美が初めて出会ったシーンの場面写真がこの度解禁となりました。姉の桜子(市川実日子さん)に呼ばれ、健がやってきたのは、絵美が昇進したお祝いのパーティー。絵美が開けたシャンパンのコルクをふいにキャッチした健は、実力不足に不安を感じている絵美に「この先、何か辛いことがあっても『きっと、大丈夫』と今日を思い出して…」とそのコルクを絵美へ手渡します。本作の大きなキーワードでもある「きっと、大丈夫」という健の言葉によって、絵美の気持ちが大きく揺れ動くというシーンとなっています。

このシーンにちなんで、二宮と満島の「何か困った時、大変な時に『きっと大丈夫』と思わせてくれるもの」を語るコメントもあわせて解禁となりました。

二宮和也さん:春日井健 役

 

【共演について】
いずれどこかで巡り合うんだろうなと思っていたので、 その時が来たのが今か、という感じでした。それがこんなにポップな作品だとは思っていませんでしたが(笑)やっと(作品で)会えてほっとしたというか、共演出来るんだなと嬉しく思いました。

 

【きっと大丈夫と思わせてくれる、人生の宝物は?】
仕事をしている時間。僕は気が参るとか折れちゃうということがあまり無いので、何かに頼ることはしないのですが、働けている時間は働きながら色々なことをリセット出来ている時間のような気がしています。

満島ひかりさん:春日井絵美 役

 

【共演について】
二人ともよく役で背負いがちなので、私も共演するなら色々と背負ったような役とか、何か引き裂かれるとかそういうものかと勝手に想像していました(笑)実際にはとてもポップな作品でしたし、監督も自由にお芝居を預けるというよりは身振り手振りとか声のトーンをしっかり決める方だったので、二人ともこれまで振付をされて歌って踊ってきたので、 いい共演なのかもと思いました!

 

【きっと大丈夫と思わせてくれる、人生の宝物は?】
お友達。この間、友達と電話をして気が付いたら2時間経っていました。忙しくても友達に話したりするとだいぶ心がほぐれますね。

ある出来事をきっかけに無職になった健、そんな健に愛想をつかして家から追い出した絵美…タングとの世界を舞台にした大冒険で健はいったい、何を見つけるのか?絵美との関係は修復できるのか?記憶をなくしたロボットとポンコツな大人の大冒険が日本中を笑顔と感動と温かな涙で包み込む、映画『TANG タング』は8月11日(木・祝)より全国公開です!

『TANG タング』公式サイト
<作品概要>
【タイトル】『TANG タング』

 

【キャスト】二宮和也
  満島ひかり/市川実日子
  小手伸也 奈緒 京本大我(SixTONES)
山内健司・濱家隆一(かまいたち) 野間口徹 利重剛 景井ひな / 武田鉄矢

 

【スタッフ】原作『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作 松原葉子 訳 小学館文庫)
監督:三木孝浩 脚本:金子ありさ
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【コピーライト】 ©2015 DI ©2022映画「TANG」製作委員会

 

<原作について>
人間とロボットによるハートウォーミングな物語が絶賛されている小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(デボラ・インストール作 松原葉子 訳 小学館文庫) 。2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれ、「とにかくタングがかわいい!」と世界中の読者を虜にし、日本国内ではシリーズ累計発行部数38万部を超える、海外の作家のデビュー作としては異例のベストセラーである。映画『TANG タング』は、「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を日本版にアレンジを加えての実写化。また、2020年より劇団四季の16年ぶりの一般オリジナルミュージカルとして舞台化。雑誌「ミュージカル」が発表した「2020年ミュージカル・ベストテン」では作品部門第1位に選出され、高い評価を得ている。

ニュース
シェア
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene