CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

三戸なつめ、お揃いコーデで仲良くもふもふ♪映画『パディントン』試写会イベント!

世界40ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」の実写映画『パディントン』が、2016年1月15日(金)に日本公開されます。
その公開に先がけ12月5日(土)、映画『パディントン』で、娘のジュディ役の日本語吹き替えを担当した三戸なつめ(25)をゲストに迎え、原宿を中心に活躍するモデルやショップ店員たち100人を招待した試写会を実施しました!
pad_2

招待客の当日のドレスコードは“パディントン・コーデ”。ハット&ダッフルコート姿の“パディントン女子”が勢ぞろいしました!

公開を記念し、映画『パディントン』とコラボすることになった、都内唯一のロンドンタクシー(12/3(木)~1/22(金)の期間限定で運行中)から登場した三戸さん。
pad_1

パディントンによるエスコートを受け、笑顔で会場へ。
pad_3

青のダッフルコートと赤いハットに身を包み、“パディントン・コーデ”で登壇した三戸は、ファッションポイントについて聞かれると、「もちろん、青のダッフルと赤のハットなのですが、そこにチェックのチュールのスカートを合わせて、女子らしさを表現してみました。ゆるゆるで可愛くをテーマにしています」と解説。

最後に、映画を楽しみに待つ人へ「初めてのアフレコを頑張って演じさせていただきました。『パディントン』は家族愛を描いたあたたかい作品ですので、ぜひ、寒い季節にほっこりしていただき、自分の大事な人にもおすすめしていただきたいです!」とコメントをし、100人の“パディントン女子”とフォトセッション!・・・と、そこにパディントンが急きょ駆けつけ、場内は黄色い歓声!
三戸も観客を代表して「ロンドンからはるばる来てくれてありがとう!」と大歓迎し、もふもふのパディントンに抱きついていました。
パディントンも加わったフォトセッションは大盛り上がりのまま、イベントは終了いたしました。


『パディントン』
©2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

Facebookコメント

Return Top