CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

富士山のふもとで映画祭!?キャンプと映画の両方が楽しめる「湖畔の映画祭」ってご存知?

アイキャッチ
出典:http://www.fashion-press.net/

2016年8月5日(金)~8日(日)の3日間、山梨県本栖湖で開催される「湖畔の映画祭」。若手監督の感性豊かな作品や映像美に優れた作品など、独創的な映画の数々に触れることができるフィルムフェスです。
キャンプをしながら楽しめることで、友人や家族との夏の思い出作りにもぴったり!そんな「湖畔の映画祭」について紹介します。

富士を望みながら楽しむ、自然の中の映画館

100744_002
出典:http://kohan-filmfest.info/

「湖畔の映画祭」は、素晴らしい自然の中で、たっぷりの陽の光を、そして月の光を浴びながら、音楽やキャンプも楽しむことができる一大イベント。
3日間の期間中、朝9時から夜中まで、タイムテーブルに沿ってインディペンデント映画を中心に上映されます。
日常から離れて大好きな映画の世界へ…と考えるだけで、ワクワクしてきますね。

3つのシアターゾーンに、ライブやトークショーも!

20160708_fujisan05
出典:http://www.fashion-press.net/

上映場所は全部で3か所。野外設置された2か所の巨大スクリーン、そしてもう1か所は、屋内で座布団に寝転んで鑑賞できる寝そべりシアターです。映画だけでなく、ゲストによるトークショーやライブステージもあり、3日間通して飽きることなく楽しむことができます。
星空のもとで見る映画はロマンティックでもあり、ファンタジックでもあり…。同じ歌を部屋で聞く時とライブで聞く時とは印象が違うように、映画も全く違う感情を持ったり新しい発見があるのではないでしょうか。

今年も見逃せない作品がいっぱい!上映予定作品

『ぐるりのこと。』などの、橋口亮輔監督作品『恋人たち』や、本広克行監督をはじめ、5人の監督が手がけたオムニバス映画『アニバーサリー』、そして、『下衆の愛』(監督:内田英治)、『黒い暴動』(監督:宇賀那健一)、『ケンとカズ』(監督:小路紘史)…など、30本以上の作品上映が予定されています。

一緒に踊って歌って野外フェスを盛り上げよう!

100744_004
出典:http://2015.kohan-filmfest.info/

パフォーマンスや音楽ライブに出演予定なのは、サンタラ、丸山龍太、永宮仁志、YURIKA、小野雅人&名取健一などのアーティストに加えて、ファイヤーパフォーマンスの久遠、フラメンコダンサーの望月美歩。、総勢15名の出演者です。

2016年のトークゲストはまだ未発表ですが、2015年は俳優の板尾創路さん、木下ほうかさん、内田英治監督、武正晴監督が登場しました。今年も期待大です。

現地で当日券のほかに、チケットぴあ・イープラスで前売り券が購入可!

a4size_yoko
出典:http://kohan-filmfest.info/

入場チケットは、3日間通し券となります。
一般 4000円(前売り3500円)、18歳未満 2000円
小学生以下 大人1名につき1名無料です。

映画祭用に特設のテントサイトも開設されます。予約いらずでエリア内なら好きな場所にテントを張れるのも魅力です。
本栖湖キャンプ場 利用料金1500円(1人用)/3000円(2人用)

また、予約が必要ですがバンガローもあります。
4畳5750円からで最大12畳まであるので、ファミリーにもおすすめです。

20160708_fujisan06
出典:http://www.fashion-press.net/

この夏は、いつもとは違う開放感あふれる環境で、いつもとは違う個性的な映画を楽しむのはいかがでしょう。きっと素敵な作品と出会い、映画への愛も深まるはず!

『恋人たち』
© 松竹ブロードキャスティング / アーク・フィルムズ

【関連記事】
◆【大人女子必見!】真夏の映画フェス“カリコレ2016”で注目すべき映画作品はコレ!
◆フェスは音楽だけじゃない!フィルムフェスで映画を楽しもう!

Facebookコメント

Return Top