CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

スピードワゴン小沢さんが読み聞かせに挑戦!『アーロと少年』大ヒット記念イベント

もしも隕石が地球にぶつからず、恐竜たちが絶滅どころか進化を続け、恐竜だけが文明と言葉を持つようになったとしたら…?
そんな“もしも”の世界を舞台に、大きいけれど弱虫で怖がりの恐竜アーロと、小さいけれど怖いもの知らずの少年スポットの友情の絆を描いた感動のアドベンチャー・ファンタジー、ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』。
アーロWP
3月12日(土)から公開され、映画動員ランキング初登場2位を獲得した本作の、大ヒットを記念して、ピクサー公認、世界初公開のオリジナル・ストーリー<『アーロと少年』エピソード0(ゼロ)>読み聞かせイベントが開催されました。

今回のイベントは、芸人でありながら“すぐ泣く感動屋”“ピュアすぎる”“かわいい”と、独特の世界観とキャラクターで人気のスピードワゴン小沢さんが読み聞かせを担当。
0315_02
読み聞かせの前には、「エピソード0でスポットの知られざる過去を知ってから本編を見たので、劇中で一人ぼっちでもたくましく成長し、健気に頑張るスポットの姿に心を打たれました」と、ピュアな小沢さんらしく感想を語りました。

映画の本編には描かれていない、少年スポットの秘められた過去を描いたデジタル絵本<『アーロと少年』エピソード0(ゼロ)>の読み聞かせを行うことで、世界的な名作を生み出してきたディズニー/ピクサー作品に携わることとなるため、「いよいよ世界進出ですね?」というMCの問いかけに、「世界の小沢と言ってください!」と期待を膨らませました。

無事読み聞かせを終えた小沢さんは、「僕的には、「読み聞かせ」というよりかは、「読む、聞いてもらう」という謙虚な気持ちで挑みました。恥ずかしかったですが、感情をこめて読めて良かったです」と初挑戦の「読む、聞いてもらう」に満足感を示していた様子。
コンビ仲が強いことでも有名なスピードワゴンさんだが、今回小沢さん1人でのお仕事に、
「僕と違って相方は一人でも大丈夫な人間なんです。だから今も一人ぼっちでいるんですけど(笑)(井戸田さんがいないとき)なんとなく彼のTwitterをチェックしたりとかはしちゃいますね、、」と相方への思いを語っていると…、
「小沢さんは「ひとりぼっち」じゃないぞ!!」と相方・井戸田潤さんがアーロをイメージしたグリーンの衣装でサプライズ登場!
井戸田さんの姿を見た小沢さんの安心した表情から、コンビの絆を強く感じられました。
0315_01
井戸田さん:
「友情、家族愛、そして何より誰かを守るために強くなるというメッセージが込められた素敵な映画です。是非何度も見てください!」

小沢さん:
「一人で見ても、友人と見ても、愛する人と見てもいいですし、それぞれエピソード0を鑑賞前、鑑賞後に見ても、、と数えていくと7回くらい見なくてはいけなくなるんですが(笑)。でも本当に7回見れるくらいの素晴らしい作品なので、是非見てください」

これからご覧になる方へ、2人からメッセージが語られイベントが無事終了しました。

『アーロと少年』作品詳細


もしも隕石が地球に衝突せず恐竜が絶滅していなかったら?
そこは恐竜だけが言葉を話す世界――

弱虫な恐竜アーロは三人兄姉の末っ子。兄と姉に比べて体が小さく、何をやってもうまくいかないアーロは、兄姉からいつもからかわれていた。そんなアーロの唯一の味方は愛情たっぷりに育ててくれた両親だった。両親はアーロの弱虫で怖がりな性格を心配し、兄姉の中でも一番気にかけていたが、ある日アーロは“ある失敗”をしてしまいお父さんを怒らせてしまう。怒ったお父さんはアーロに強くなってほしいという思いから、嵐の中アーロを山の中へと連れて行く。だがそんな時、アーロに命の危険が迫り、お父さんはアーロを助けるため、自らの命を犠牲にして死んでしまう。
最愛の父の死を目にしたアーロは、寂しさと孤独を深めていくが、アーロも川に流され家族と離れ離れになってしまった。

見知らぬ土地でひとりぼっちになってしまったアーロ。どうすることもできず途方に暮れていたアーロが出会ったのは人間の少年スポットだった。スポットはまだ言葉を持たないため、アーロとは言葉が通じない。しかしアーロがひとりぼっちで家族の元へ帰りたいことは分かった。なぜならスポットもまた、家族を失い“ひとりぼっち”だったから。
ひとりぼっち同士の二人は、アーロの家族の元へ帰るため壮大な冒険に出る。

2016年3月12日(土)、全国ロードショー
(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top