CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

​ねこ好きにはたまらない!癒しのねこ映画で猫三昧

アイキャッチ

最近はかつてないほどのねこブーム。くりっとした目と可愛いしぐさのねこちゃんは見ているだけで癒されます。いつもはそっけないけれど、ふとした時に甘えてくる。そんなねこたちは、映画の中でも大活躍です。ねこが印象的な映画を紹介しましょう。

今年一番泣けると評判の感動ストーリー『世界から猫が消えたなら』

余命宣告された30歳のひとりの男。ある日彼の前に悪魔が現れ、大切なものをひとつ消せば1日の命を与えると言います。そして彼はひとつずつ消していきます。消える前には一度だけ、それを使うことができるのです。電話、映画…そして、猫を消そうとするのですが…。

5/14(土)公開予定の最新ねこムービー。日本のみならず、中国・韓国・台湾でも出版されベストセラーになった小説が映画化されました。父母には奥田瑛二、原田美枝子という大ベテランが顔をそろえ、親友役は濱田岳、恋人役は宮崎あおいが好演しています。
ハンカチを片手に、映画館へどうぞ。

若手監督4人が描く4つのストーリー『4/猫-ねこぶんのよん-』

舞台は、ねこが住みついている駅。その駅を利用する人々のストーリーを4人の監督たちが作り上げた、オムニバス映画です。上田慎一郎監督「ねこまんま」は、漫才コンビの笑太と美帆子の物語。早坂亮輔監督「ひかりと嘘のはなし」は、ひかりという少女が見知らぬ人に送った1通の嘘メールをめぐる物語。浅沼直也監督「一円の神様」は、スリで生計を立てている母娘の絆の物語。中泉裕矢監督「ホテルの菜の花」は、秩父の山奥にあるホテル・菜の花の支配人と宿泊客の物語。

登場する猫、のり子ちゃんは次に紹介する『猫なんかよんでもこない。』にも出演している話題のねこ。新進気鋭の監督たちとのり子ちゃんがタッグを組んだ4つの感動ストーリーを楽しんでください。

とあるボクサーと2匹のねこの物語『猫なんかよんでもこない。』

パッとしないボクサーのミツオのもとに、ある日兄が子猫を2匹連れてきました。チンとクロと名付けられた2匹は、ミツオのことなどお構いなしのやんちゃぶりで彼を振り回します。しかし、いつしかミツオと猫たちの距離は縮まりはじめるのでした。しかし、ミツオはボクサーの夢をあきらめなければならなくなります。

主演に風間俊介を迎えた、実話をもとにした物語。共演には、今ドラマに映画にひっぱりだこの松岡茉優をはじめつるの剛士、市川美和子など。そして、チンとクロ以外にもたくさんのねこたちが出演しています。

人と人、猫と人との心のふれあいを描いた『先生と迷い猫』

主人公は定年退職した校長先生。妻には先立たれ、一人で暮らしています。その妻がかわいがっていた猫がある日、姿を消しました。頑固で偏屈と評判の校長先生は、猫を捜し歩きます。今までは話すこともなかった町の人たちと交流しながら。

『神様のカルテ』などの深川栄洋監督の作品です。染谷将太、北乃きい、岸本加世子、ピエール瀧など演技派の面々が脇を固める感動大作になっています。

猫好き作者が綴ったエッセイを映画化した『グーグーだって猫である』

100491_003
出典:http://cinema.pia.co.jp/

漫画家の麻子はかわいがっていた猫が亡くなったショックで漫画が描けなくなってしまいます。ただ時間が過ぎていくだけの毎日でしたが、ある日麻子はペットショップで見つけた猫にグーグーと名を付けて一緒に暮らし始めます。

大島弓子のコミックを映画化した作品です。『のぼうの城』『ゼロの焦点』の犬堂一心監督がメガホンをとりました。小泉今日子が主役を演じ、アシスタントに上野樹里、恋人に加瀬亮などが出演しています。また、テレビでは宮沢りえ主演でドラマ化もされ、今年初夏には続編が放送予定です。

亀井亨監督の猫ムービー第一弾『ねこタクシー』

100491_004
出典:http://www.amazon.co.jp/

気が弱く、人付き合いも苦手な間瀬はタクシー運転手。ある日公園で首輪に「御子神」と名札を付けた猫と出会い、御子神さんを乗せたタクシーは大評判になります。「ねこタクシー」のおかげで営業成績も上がっていくのでした。

お笑い芸人のカニング竹山を主演に迎えたテレビドラマが、劇場映画化された作品です。朴訥とした人柄が生かされて、いい味を出しています。

3匹の猫と塚地武雄が何ともいい雰囲気『くろねこルーシー』

100491_005
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

リストラされ占い師になった男、鴨志田は彼の家の軒下で生まれた子猫2匹を育て始めます。産んだのは黒猫ルーシー。しかしたまに現れるだけ育児放棄の状態です。鴨志田はある日、子猫たちと共に商売に出ます。その時、占ってほしいとやってきた男は猫のおかげで馬券が大当たり。そこから「ねこ占い」は大繁盛し始めます。

お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雄主演。『ねこタクシー』の2年後に公開された、亀井亨監督のハートウォーミングドラマです。

『世界から猫が消えたなら』
2016年5月14日全国東宝系にてロードショー
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

『4/猫-ねこぶんのよん-』
12月12日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開
©2015 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ

『猫なんかよんでもこない。』
2016年1月30日(土)全国公開!
(C)2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会

『先生と迷い猫』
2015年10月10日公開
©2015「先生と迷い猫」製作委員会

Facebookコメント

Return Top