CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

「オスカー像は自宅の…」レオナルド・ディカプリオ来日会見&レッドカーペットイベント

俳優として5度目のノミネートで悲願のアカデミー賞主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオさんが、主演作『レヴェナント:蘇えりし者』のPRのため来日しました。
「ディカプリオのオスカー受賞をお祝いしたい!!!」ということで、CinemaGene編集部で取材に行ってきました!!

(映画『レヴェナント:蘇えりし者』の見どころはこちらからチェック★

来日キャンペーンのスタートとして、記者会見が行われました。
会見には、スチールカメラ約250台、テレビなど約50台と、総勢約500人の取材陣が詰めかけました。
ディカプリオさん登場!待ち構えていた取材陣から、一斉にフラッシュが!
reo_01
立ち姿もステキです。思っていたより、がっちりしているんですね。
reo_03
司会者からの「オスカー受賞おめでとうございます!」との問いかけに、「ありがとうございます。」と日本語で応え、お辞儀。
質問者からオスカー受賞後の変化については、「まだ数週間前に受賞したばかりで、生活が変わったかや、俳優としてどう変わっていくかについてはまだわからない。受賞はとてもうれしいことですが、受賞するためではなく、これからも夢や理想を追求していき、最高の作品を作って行きたいと思う。」と答えました。
また、本作について、「今回の作品は、私にとってとても特別なもの。このような作品には二度と関われないかもしれない。永遠に映画史に残るような芸術作品になったと思います。」と作品への自信を見せました。

「オスカー像は今どこにあるの?」という質問には、「家のリビングルームに飾っています。友達がみんな見せてほしいって、訪ねて来てくれるのがうれしいです。」と笑顔で回答。
日本で楽しみにしていることについては、「京都が大好き。お寺を見学したり、日本の歴史ある文化に触れるのが好き。今まで桜の開花時期に来日したことがなかったので、今回とても楽しみにしています。まだ咲き始めたばかりなんですよね?」と笑顔で語っていました。

その後、レッドカーペットイベントへ
詰めかけたファンからの「congratulation reo!」の声に、「ありがとう!」と笑顔で手を振っていました。
reo_05

日本伝統の鏡開きで、『レヴェナント:蘇えりし者』ヒット祈願と、オスカー受賞のお祝い。
reo_06
ディカプリオさんは、鏡開き初体験ということで、終始笑顔。
reo_07
升を手に、ファンと記念撮影。
reo_14
いよいよファンのそばに。ファンからは、「レオ~!」と大歓声が!
reo_10

reo_11

reo_15

ちなみに、レッドカーペットイベントには、ディカプリオさんのママも参加。
一生懸命息子・ディカプリオの写真を撮影していました。

reo_12

野外でのイベントだったため、かなり冷え込みましたが、ディカプリオさんは、時間の許す限り丁寧にファンの要望に応え、最後は笑顔で手を振って会場を後にしました。

最新作!『レヴェナント:蘇えりし者』


復讐の執念のみを武器に、300キロにおよぶ容赦ないサバイバルの旅がはじまる。

舞台は19世紀アメリカの広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に見捨てられ置き去りにされてしまうばかりか、愛する息子を殺されてしまう…。“生きる”という純然たる意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威なか、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの容赦ない旅を生き延びなければならない――。彼は、生き延びることが出来るのか…。

2016年4月22日 TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

Facebookコメント

Return Top