CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

胸キュン必至!癒しの”弟キャラ”が出演する映画5選

2905130de8e447ee32357789585d7548
出典:http://blog.goo.ne.jp/

忙しい日常を忘れて、可愛い“弟キャラ”男性にメロメロにはまってみませんか?弟キャラが登場する胸キュン映画をご紹介いたします。

気持ちに正直になることが幸せへの一歩『理想の彼氏』

夫と2人の子どもに恵まれ、幸せな生活を送っていたサンディでしたが、夫の浮気が発覚します。離婚を決意したサンディは、子どもを連れてNYに引っ越します。夢だったスポーツ・ジャーナリストへの第一歩となる就職も決まり、40歳で再スタートを切ることに。そんな中、アパートの下のカフェで働く青年アラムと知り合ったサンディは、彼にベビーシッターのアルバイトを頼んだことで2人は接近していき…。
見た目や社会的な釣り合いではなく、大切なのは自然体でいられる関係や、自分が幸せだと素直に感じられることだと教えてくれる作品です。アラムのまぶしいほどの純粋さに、日頃の疲れた心を癒してみませんか?

イケメン2人に想われる!女子の夢を描いた『オオカミの誘惑』

EAB0
出典:http://visitseoulcity.blog46.fc2.com/

両親の離婚後、一緒に暮らしていた父親が亡くなり、母親と暮らすためにソウルに引っ越してきたハンギョン。田舎から来たハンギョンにとって都会の生活は驚くことばかりなうえに、転校先の学校の不良・ヘウォンに好かれてしまいます。更に、隣の高校で一番喧嘩が強いと言われ女子の憧れの的であるテソンにも懐かれてしまい…。
“モテモテのイケメンに取り合いされる”という、女子が一度は夢見る妄想を描いてくれた作品です。とくに「お姉さん」と呼び、懐いてくるヘウォンの可愛さと繊細さにメロメロになること間違いなしです。

初めての恋の痛みと切なさを思い出す『シュガー&スパイス 風味絶佳』

img3_1158791421
出典:http://cinema.pia.co.jp/

高校卒業後、とりあえずガソリンスタンドで働いている志郎。職場に新しいバイトとして乃里子が入ってきたことで、志郎は感じたことのない気持ちを抱くようになります。乃里子と2人で会うことも多くなり、彼女の元カレのもとへ一緒について行ったことをきっかけに、自分の気持ちが恋だと気付くのですが…。
今や実力も人気も得てトップ俳優の仲間入りを果たしている柳楽優弥の、初々しく繊細な演技が楽しめます。初めての恋で感じた気持ちを思い出させてくれる、切なくも優しい作品です。

隠れた良質作品!大人の女性必見『39歳からの女性がモテる理由(ワケ)』

40歳を目前にして離婚、シングルマザーとなったジャッキー。クリスマス・ホリデーは、子どもたちは元夫とその彼女とスキー旅行の予定で、ジャッキーは1人で過ごすことになってしまいます。そんな彼女を気遣った友人からホノルル行きのチケットをプレゼントされたことで、気乗りしないながらも、1人で旅立つことになりますが…。
たんなるラブコメと敬遠してしまっては損です!アラフォー女性だけでなく、忙しかったり、仕事やプライベートの両立に悩んでいたり、日々に退屈さを感じている女性に観て欲しい作品です。相手役男性のベビーフェイスと可愛い笑顔に胸キュンすることも間違いなしです。

ピュアな気持ちに純粋に涙する『私のオオカミ少年』

病弱なスニは、家族とともに地方の村に引っ越してきます。その村で、人の言葉を話せず、野生動物のような少年を発見します。少年はチョルスと名付けられ、スニ家族は彼を居候させることになります。最初はチョルスを警戒していたスニですが、食事の仕方や文字の読み書きを教えていくうちに彼と打ち解けていき、2人の距離は縮まっていきます。しかしある出来事で、チョルスのある秘密が露呈し…。
人間世界で生活してこなかったチョルスだからこその、ピュアで一途な気持ちに心が震えます。純粋な瞳を見ていると、自分がお世話をしてあげたくなってしまうほど愛らしいです!絵本を読んだような、観た後にあたたかい気持ちになるファンタジーのような作品です。

可愛くて面倒を見てあげたくなるけど、大事な時には頼りになる弟キャラたち。胸キュン必至の作品で、彼らの魅力にはまってみませんか?

『理想の彼氏』
PG12
(C) 2009 Rebound Distribution, LLC. (C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『39歳からの女性がモテる理由』
© 2008 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

『私のオオカミ少年』
(C) 2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

Facebookコメント

Return Top