CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

次の休日のコーデは映画を参考に!魅力的なファッションが生える映画

アイキャッチ

映画の中のヒロインが来ていた服が気になる!という経験は、ありませんか?
劇中のファッションは、そのキャラクターを2倍も3倍も魅力的にみせるものです。お気に入りの女優さんが着ているものならなおさら、欲しくなっちゃいますよね。ぜひ真似したい、洋服や着まわし、コーディネイトが素敵な洋画・邦画紹介します。

ファッション満載!史上最強のガールズムービー『マイ・インターン』

ファッション通販サイトの経営者、ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、1年半で会社を大企業に成長させたやり手のキャリアウーマン。
社のイメージアップとシニア雇用という社会貢献のために募集をかけた、”65歳以上のインターン(見習社員)”に、ベン(ロバート・デ・ニーロ)が応募してきます。
ベンはジュールズの直属となりますが、仕事らしい仕事はさせてもらえません。ベンのアドバイスもなかなか受け入れることができないジュールズだったのですが…。

衣装を手がけたのは、『セックス・アンド・ザ・シティ2』のスタッフです。アンのキュートさをひきたてる数々のファッションは、リラックススタイルからビジネススタイルまで盛りだくさん。2015年の女子映画ナンバーワンと言われた作品です。

ファッションと言えばこれ!根強い人気を誇る、頑張る女子のサクセスストーリー『プラダを着た悪魔』

100484_002
出典:http://quotesgram.com/

大学を卒業後、ジャーナリストを目指すアンディ(アン・ハサウェイ)。まったくおしゃれに無縁な彼女は、一流ファッション誌に就職が決まります。しかも、鬼編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタント。こき使われ、それにこたえようと頑張りながら、ファッションセンスも磨かれていきます。しかし、恋人と会う時間は減る一方。自分がやりたいことは一体…。アンディは迷い始めます。

もはやおしゃれ映画の金字塔となったこちらの作品は、10年たった今でも女子の好きな映画の上位に挙げられます。
『マイ・インターン』でも主演したアン・ハサウェイ。そこでは人の上に立つバリバリのキャリアウーマンでしたが、『プラダを着た悪魔』では、夢を追いながらも仕事に恋に迷うかわいい女の子を演じています。
憧れのブランドを着こなしてどんどんおしゃれになっていく様子には、うっとり!

思わず体が踊りだす!女子たちが歌って踊る『ピッチ・パーフェクト』

大学生活、楽しいことがないという女子大生のベッカ(アナ・ケンドリック)は、ある日女性アカペラ部ループに誘われます。彼女が入ったのは、低迷している「バーデン・ベラーズ」。個性的なメンバーが揃ったはいいものの、心はバラバラ。常に前をいく男性アカペラグループ「トラブルメイカーズ」にもバカにされ、このままでは全国大会優勝は絶望的です。みかねたベラは、ステージ上でアドリブを披露するのですが…。

『イントゥ・ザ・ウッズ』でシンデレラを演じたアナ・エンドリック主演。下ネタあり、食事中は要注意のネタありですが、青春サクセスストーリーの王道をいく、さわやかミュージカルコメディです。ステージはもちろん、リフオフと呼ばれるアカペラバトルも見ごたえ満点。
リーダー・オーブリーのきれい目コーデやベラのロックテイストな雰囲気と、女子大生たちのファッションにもご注目!

実在したファッション狙いの窃盗団『ブリングリング』

ニッキー(エマ・ワトソン)、レベッカ(ケイティ・チャン)たちは、華やかな世界にあこがれる高校生。転校してきたマーク(イズレエル・ブルサード)を加えて、彼女たちはハリウッドのセレブ達の家を調べて侵入しようと計画します。クローゼットで気に入った洋服を着まくり、宝石、現金などを盗み、家主が帰ってこないのをいいことに部屋でくつろぎ始める始末…。そんなことを繰り返すうちに、どんどんエスカレートする行動。とうとう、監視カメラが彼女たちをとらえて…。

ガーリーな世界観でおしゃれ女子に人気のソフィア・コッポラ監督作品です。パリス・ヒルトンが自宅をロケ地として提供したことでも話題になりました。
主演はハリー・ポッターシリーズから着実にハリウッド女優の道を歩んでいる、エマ・ワトソン。劇中で彼女たちが着こなす流行の服は、おしゃれの参考になりそうです。

頭の中は恋の行方で大騒ぎ!『脳内ポイズンベリー』

アラサーのいちこ(真木よう子)は、偶然出会った年下の早乙女(古川雄輝)にひとめぼれ。その時いちこの脳内では、理性をつかさどる吉田(西島秀俊)、ポジティブ感情の石橋(神木隆之介)、ネガティブ感情の池田(吉田羊)などが会議の真っ最中。いちこの恋の感情をコントロールしていきます。
自由に生きるアート系年下男子と、堅実で平凡な年上男性の間で揺れるいちこ。最後に彼女が選ぶのは?

劇中では真木よう子演じるいちこはいつもカジュアル。ニット帽をポイントにしたコーディネイトが、ショートカットによく似合います。4着ほどを上手に着まわしているので、その組み合わせは真似できるものもありそうです。
部屋着やパーティードレスもシンプルで、着飾らないおしゃれを楽しみたい女子にはぴったりですね。

主演の多部ちゃん、ステージでの熱唱にご注目『あやしい彼女』

ある日、不思議な写真館でカメラの前に立った73歳のカツおばあちゃん(倍賞美津子)。シャッターが下り、お店を出た時、彼女は自分が20歳に戻っていることに気づきます。若くなったカツ(多部未華子)は「大鳥節子」と名乗り、ひょんなことから孫である翼のバンド「あやしい彼女」でボーカルになることに。ネット動画で人気が出たバンドは、とうとうロックフェス出演の依頼が来るまでに。プロデューサーの小林(要潤)と恋の予感がする一方で、カツは節子としてフェスに出演することができるのでしょうか。

カツが青春時代を送った1960から70年代のファッションを、主演の多部未華子が何着も披露しています。サイケデリックな柄ワンピ、大き目ドットのブラウスにフレアスカート、カーディガンにカチューシャ、ポニーテールなどなど、カラフルでチャーミングです。当時の名曲もたくさん登場し、レトロな華やかさにどっぷり浸れるコメディです。

キュートで華やかな映画に出てくるファッションを、コーデの参考にしてみるのもいいかもしれません。

『マイ・インターン』
(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『ピッチ・パーフェクト』
© 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

『ブリングリング』
(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved

『脳内ポイズンベリー』
(C)水城せとな/集英社 (C)2015フジテレビジョン 集英社 東宝

『あやしい彼女』
2016年4月1日(金)エイプリルフール 全国ロードショー!!
©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

Facebookコメント

Return Top