CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

“アベンジャーズ”を徹底診断!ブラックジョーク連発の『ドクター・ストレンジ』特別映像解禁!

2017年1月27日(金)公開のマーベル・スタジオが贈る最新作『ドクター・ストレンジ』より、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの特別映像が解禁!
ドクター・ストレンジの傲慢で皮肉屋なキャラクターが一発でわかる必見の映像となっています!

ブラックジョーク連発!『ドクター・ストレンジ』アベンジャーズ徹底診断映像

“ヒーローでありながら傲慢な天才外科医”というドクター・ストレンジは、8,000ものキャラクターを有するマーベルを見ても異色のキャラクター。
そんなドクター・ストレンジがアイアンマンやキャプテン・アメリカをはじめとするアベンジャーズ達を上から目線で診察していく映像が公開!「聴覚の喪失。ついでに威厳も失ったな」、「ただのかすり傷だ。ただ、狂犬病の検査を薦める」などブラックジョークが止まらない様子…!

%e3%80%8e%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%80%8f%e7%94%bb%e5%83%8f

ドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチは、外科医としての顔を演じる為に、有名な神経外科医からアドバイスをもらい、医学的な書籍を読破したと言います。そのような役作りの成果が、“天才外科医”として劇中の手術シーンに説得力をもたらしています。

本映像のラストでは、「友は裏切れない」と語るキャプテン・アメリカに対し、「私も友だろ?」と答えるアイアンマンを「申し訳ないが、この心の傷を治す方法はないよ」と診断するドクター・ストレンジ。同じ正義をめざしながらも、その主義の違いから、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で決定的な仲間割れになってしまったアベンジャーズ達。
天才的な医師の目から見ても、彼らの溝はそれ程までに深いのか? アベンジャーズ達とドクター・ストレンジが今後どのように関わっていくのか注目です!

映画『ドクター・ストレンジ』ストーリー

本作の主人公は、傲慢で天才的な外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を損なわれ、全てを失ったスティーヴン・ストレンジ。絶望の淵にあった彼が最後にたどり着いたのは、人知を超えた“魔術”の力。自分の手を治すために魔術の修行に励む中、しだいに強大な敵との戦いに巻き込まれていく。しかし、医師として人の命を救うことへの誇りを持つ彼は、敵であっても人を傷つけたくない。医師ゆえに敵ですら傷つけられないということに葛藤する彼は、いかにして世界を守るのか?

『ドクター・ストレンジ』
2017年1月27日(金)全国ロードショー
©2016MARVEL  Marvel-japan.jp/Dr-strange

【関連記事】
◆スーパーヒーローが仲間割れ!?『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を基礎から解説!
◆DC?マーベル? あなたはどっち派?今知りたいアメコミ映画あれこれ

Facebookコメント

Return Top