CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

池松壮亮×菅田将暉W主演作『セトウツミ』より、キャラクター場面写真到着!

シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他で全国公開!クスッと笑えてクセになる。瀬戸と内海の放課後無駄話。
(撮り下ろしショートムービーはここからチェック☆
SNS上では「セトウツミの新しい特報出るたびニヤけながら見てる」「セトウツミ早く見たい。発表あってから毎日楽しみすぎて禿げるほど楽しみにしとるよ」「セトウツミ早く観たい。この数分だけで面白さぎっしりつまってる(笑)」など、公開を楽しみにする声がぞくぞく!

そして今回、劇中に登場する強烈な印象を放つ個性豊かなキャラクターたちの場面写真が解禁となりました!
ヤンキーの鳴山(成田瑛基)内海と瀬戸が恐れる先輩でヤンキーの鳴山。陰では鳴山に対して強気な二人も遭遇すると委縮してしまう。派手な髪形でひと際目立つこの役を演じるのは『クローズ EXPLODE』にも出演した成田瑛基。
クラスメイトの堤(岡山天音)執拗に内海につきまとうクラスメイトの堤。妙にサッカー部の内情に詳しく、内海に相手にされてないにも関わらずサッカー部のことをしゃべり続ける変わり者。堤を演じるのは、話題作への出演が後を絶たない人気若手俳優・岡山天音。
バルーンさん(宇野祥平)河原の欄干でピエロの恰好をしてバルーンアートの練習をしている大道芸人バルーンさん。ピエロの恰好ながらバリバリの関西弁を話すギャップは見物!演じているのはこれまでに100本以上の映画に出演している宇野祥平。
くたびれたおじさん(鈴木卓爾)河原の欄干にくだびれた身なりのおじさんが佇む。直立不動のまま川のほうを見つめ続ける怪しさから離れたところで好き勝手に言う瀬戸と内海。そこへ、ある人物がおじさんのもとに近づいてくる。この怪しさ満点のおじさんを演じているのは、俳優だけでなく、監督や脚本家としても活躍している鈴木卓爾。

最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた『セトウツミ』の“放課後無駄話”は、只今話題沸騰中です!
★予告編&第二弾ビジュアルはこちらから★

7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
©此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 ©2016映画「セトウツミ」製作委員会

Facebookコメント

Return Top