CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

原案・脚本など、すべてを自ら作り出す映画監督・西川美和

アイキャッチ
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

鋭く人の内面をえぐり出す作品で定評のある、西川美和監督。そのストーリーはすべて自分で生みだし、映像化していきます。個性のある登場人物の魅力を最大限にひきだして織りなすストーリーは、テンポよく、見る者の心に響きます。人間模様を描かせれば右に出る者はいないといわれる、西川美和監督作品を紹介します。

西川美和監督衝撃のデビュー作『蛇イチゴ』

100579_002
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

明智家の長女、倫子(つみきみほ)は教師として働き、結婚も間近です。両親と祖父と幸せに暮らしていた…はずなのですが、祖父が亡くなり、その葬儀会場に現れたのは兄の周二(宮迫博之)でした。10年も家に近づかなかった彼が来たことによって、次々とトラブルが。父の借金をすんなり返したと思えば、それは盗んだお金。借金取りを持ち前の度胸と饒舌さで嘘八百を並べて追い返し、家族に受け入れられていく周二。ただ、倫子だけは納得がいかないのでした。

様々な”嘘”が登場する『蛇イチゴ』は、西川美和初の監督作品です。早稲田大学を卒業後、是枝裕和監督に見いだされ、映画の世界へ入りました。
そして、2002年にこの作品で監督デビューし、毎日映画コンクール脚本賞を受賞しています。

ひとつの事件から揺れ動く気持ちと兄弟の絆『ゆれる』

img_0 (13)
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

故郷を離れて写真家として仕事をしている猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰省をしました。久しぶりに顔を合わせたのは、実家のガソリンスタンドを継いだ兄・稔(香川照之)と、幼馴染の智恵子(真木よう子)。ところが、3人で出かけた先で吊り橋から落ちた智恵子は、亡くなってしまいます。そして、猛は「稔が突き落とした」と証言してしまうのでした。

都会で自由に生きる弟と、田舎で堅実に生きる兄。対照的なふたりを描いたこの作品は、ブルーリボン賞など数々の国内映画祭で賞を受賞しました。

高齢化が進む村の医療に必要な人とは?を考える『ディア・ドクター』

20150329190942
出典:http://ksc-cinema.hatenablog.com/

ある日、山間の神和田村ただ1人の医師・伊野(笑福亭鶴瓶)が、姿を消します。診療所から突然いなくなってしまったことに困惑した、研修医の恵介(瑛太)たち。
失踪前に伊野は、患者のかづ子(八千草薫)を診ていました。ところが、よくない検査結果に、伊野は診断した画像をすり替えてしまします。その後姿を消した伊野の真実が、警察の捜査からだんだんわかってくるのでした。

シリアスなシーンとコミカルなシーンがとても良いバランスで、楽しめる作品です。伊野の秘密をなんとなくわかっていながらも、彼を責めない村の人々。そんな暖かな雰囲気と、これが映画初主演である笑福亭鶴瓶のおおらかなイメージがぴったりです。

結婚詐欺を仕掛ける夫婦が得たもの、失ったものは…『夢売るふたり』

小料理屋を営む夫婦、貫也と里子はある日火事でお店を失ってしまいます。そんな時、貫也はかつての常連だった女性客と一夜を共にし、そのお礼で大金を手にします。それを知った里子はある計画を思いつきます。貫也を使った結婚詐欺。そうして稼いだお金で店を立て直そうという魂胆でした。そして、次々と女を騙していく2人でしたが…。

女性の心の底にある恐ろしさを松たか子が熱演。かなり過激なシーンもあります。
騙される女性たちは鈴木砂羽、木村多江、田中麗奈と演技派女優陣が演じています。

来秋公開予定の最新作『永い言い訳』

ある日、バス事故で妻を失った小説家の幸夫。その事故が起こった日、幸夫は愛人と会っていたのでした。妻の告別式では涙ひとつ流せませんが、悲劇の夫を演じていたのです。ところが、幸夫は共に亡くなった妻の親友・ゆきの夫に会い、その子供たちの面倒をかってでます。いったいなぜ…。しかし、彼は子供たちと触れ合うことに次第に幸せを感じるのでした。

小説家としても知られる西川美和の原作『永い言い訳』は、山本周五郎賞、直木賞の候補にもなった秀作です。主演に本木雅弘を迎え、その妻に深津絵里、そして池松荘亮、黒木華、戸次重幸…と、演技に定評のある面々が出演しています。

コアなファンが多い西川作品

原案・脚本・監督と、まさに”西川ワールド”を展開し、その人物の心の奥底を見事に表現する描写は、日本映画界のみならず外国でも称賛されています。
この秋公開の『永い言い訳』が待ち遠しいですね。これを機に、小説でも西川作品に触れてみるのもいいのではないでしょうか。

『夢売るふたり』
©2012「夢売るふたり」制作委員会

『永い言い訳』
PG12
10月14日(金) 全国ロードショー!!
©2016「永い言い訳」製作委員会

Facebookコメント

Return Top