CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

マシュー・マコノヒー×渡辺謙が初共演&舞台は青木ヶ原の樹海!『追憶の森』公開!

日本を代表する俳優・渡辺謙と、アカデミー賞主演男優賞受賞・マシュー・マコノヒーが初共演する感動のミステリー『追憶の森』が大ヒット上映中です!
本作はなんと!あの青木ヶ原の樹海が舞台。
謎の多い青木ヶ原の樹海を描いた本作は、どんなお話しなのでしょうか。

ストーリー


富士山の北西に広がる青木ヶ原の樹海。その鬱蒼とした森の中に、恐る恐る足を踏み入れるアメリカ人男性がいた。彼の名はアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)。
片道切符を手に日本へやって来た彼が樹海を訪れた目的はただひとつ――それは、自らの人生を終わらせることだった。森の開けた場所に腰を下ろし、ゆっくりと永遠の眠りにつく準備を始めるアーサー。そんな彼の目の前に、傷ついた身体をひきずりながら森の出口を求めてさまよう日本人男性(渡辺謙)が現れる。「ここから出られない。助けてくれ」と懇願する男を放っておくことができなくなったアーサーは、寒さに震える男に自分のコートを着せかけ、出口に続く道へと誘導する。しかし、さっき通ったはずの道はなぜか行き止まりになっており、薬にふらつきながら歩いていたアーサーは崖から転落して怪我を負ってしまう。それは、アーサー自身の人生を象徴するかのような出来事だった。

初共演したのはこの2人

話の中心になる2人の男性は…

人生の終着点にしようと決めて日本にやって来たアメリカ人アーサー・ブレナン役を演じるのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞(R)主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒー
tsuioku_02

森の中で、出口を求めて彷徨う日本人ナカムラタクミ役を演じるのは、『ラスト サムライ』でアカデミー賞(R)候補になって以来、日本を代表する国際派スターとして活躍する渡辺謙
THE SEA OF TREES

演技力と存在感で映画界に確固たる地位を築いた2人が初めてタッグを組み、驚きと感動に満ちた異色のミステリーを誕生させました!

磁石が狂い、携帯電話も通じない。樹海という魔の空間で、運命的な出会いを果たすアーサーとタクミはどのように心を通わせ、希望を見出すのか。
全ての謎が解けた時、あたたかな涙があふれる感動のミステリー『追憶の森』。
GWにじっくり味わうのにピッタリの作品です。


2016年 4月29日(金・祝)ロードショー
©2015 Grand Experiment, LLC.

Facebookコメント

Return Top