CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

食わず嫌いはもったいない!日本が誇るストーリーが秀逸なアニメ映画

100625_001
出典:http://www.arte.tv/sites/

アニメと言っても、子供向けのものばかりではありません。ディズニーアニメを始め、大人も楽しめる映画はたくさんあります。もちろん、日本の作品にもそのストーリーの素晴らしさに唸ってしまうものがあるんです。これから紹介する映画を見れば、アニメ映画に対する考え方が変わるはず。見始めたらあっという間にぐいぐい惹きこまれる日本の名作アニメ映画を、新旧5本選んでみました。

日本のアニメ界を激震させた名作『宇宙戦艦ヤマト <劇場版>』

100625_002
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

西暦2199年の地球は放射能に侵され、残された人間の未来は絶望的でした。人類滅亡まであと1年というある時、地球から遠く離れた星、イスカンダルに放射能除去装置が存在することがわかります。そこで、沖田艦長はじめ乗組員の古代進、森雪たちは宇宙戦艦ヤマトに乗り込みイスカンダルへと向かいます。

異星人の侵略や攻撃、それに立ち向かう人々の成長や葛藤が描かれており、子供だけのものだと思われていたアニメが、大人でも楽しめるものとして作られた最初のアニメ映画と言っても過言ではありません。また、敵役のデスラー総統の人気にも火が付き、魅力ある悪役キャラのさきがけともなりました。
そのデスラーの声は、声優としても活躍していた俳優・伊武雅刀が担当しています。

アイドル界を舞台にしたサスペンスホラー『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』

100625_003
出典:https://viewerscommentary.com/

アイドルグループ・CHAM(チャム)で活動していた未麻は、グループを離れ女優デビューすることに。しかし、アイドルからの脱皮を良いことに過激なレイプシーンを演じることになります。今が踏ん張りどころ、と、仕事をこなす未麻でしたが、とうとうヘアヌード写真集を出すことにまでなってしまいます。マネージャーのルミは気が気ではありません。そしてある日のこと、未麻のまわりで脚本家、カメラマンが殺される事件が発生します。

アニメとは思えないサスペンスフルなストーリーが秀逸な、今は亡き今敏の1998年初監督作品。アイドルからの脱皮とその苦悩という時代を超えたテーマを、現実の世界と妄想の世界を交差させながら描いています。一体誰が誰を殺したのか、見終わった後も様々な想像を巡らせてしまう映画です。

人間は一色じゃなく、何色もあっていいんです『カラフル』

100625_004
出典:http://www.asahi.com/

死んでしまった”僕”は、もう一度生まれ変わることができる権利を手に入れるために天使・プラプラの導きで、自殺しようとした14歳の小林真として生活することになります。
真は学校でもいじめられ、母の浮気をきっかけに自分の殻に閉じこもった結果、自殺を選んだ少年でした。その事実を知った”僕”である真は、やはり家族を受け入れることができません。しかし、分け隔てなく接してくれるクラスメイトの早乙女と過ごすようになりだんだん心を開き始めます。家族や周りの友達の本当の気持ちにも気づきはじめて、生きる力が湧いてくるのでした。
森絵都のベストセラー小説を映画化した作品です。ファンタジックな中に「生きる」というテーマがあり、押しつけがましくなく命の大切さを伝えています。主人公と同世代はもちろん、親世代が見ても感動する映画です。

神たちの世界で成長する少女の物語『千と千尋の神隠し』

20120706233855
出典:http://d.hatena.ne.jp/

10歳の千尋は、両親と引っ越し先の家へ向かう途中で道に迷ってしまいます。森の中で見つけた不思議なトンネル。車を止め、どんどんトンネルを進む両親の後を千尋は不安げに追っていきます。そこには作りかけのテーマパークのような建物が並び、誰もいないのにおいしそうな料理がいい香りを放っていました。勝手に夢中で食べだした両親は、千尋が気付いた時には豚になっており、1人になった千尋はハクという少年に連れられて、湯屋へと向かいます。そこで暮らしていくには、誰もが仕事をしなくてはなりません。湯屋を取り仕切る湯婆婆から千尋という名の代わりに”千”という名を与えられ、働き始める千尋でした。いつか、豚になった両親を助けて自分の世界に帰ることができる日を信じて…。

ご存じ、ジブリの代表作。引っ越し途中の無気力な千尋が、湯屋で様々な経験をして大人になる成長ぶりが見事に描かれています。ハク、釜爺、カオナシ、湯婆婆などの登場人物も魅力的。
第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞など、国内外で多くの賞を受賞しました。

母親になったひとりの少女の13年間『おおかみこどもの雨と雪』

100625_006
出典:http://rima999.hatenablog.com/

おおかみおとこと恋に落ち、2人の子供に恵まれた女性・花。おおかみおとこ亡き後は、花が1人で子育てをしています。姉の雪、弟の雨はおおかみに変身することができる”おおかみこども”。しかし、それを隠して学校へ通っていました。
ある日、雪はクラスの男の子に正体を見られてしまいます。一方、その頃から雨は1人で山へ入り、1匹の狐からおおかみとして生きるすべを学び始めるのでした。

『時をかける少女』、『サマーウォーズ』などの、細田守監督の長編アニメ作品。成長していくわが子を見守る花の天真爛漫な子育て、親離れしていく雨と雪など、親子の絆を描いた映画です。2人の子供たちがとにかくかわいく、花の強さに心を打たれます。
おおかみおとこと恋に落ちる花の切ない思いにも泣けますよ。

29694578
出典:http://prcm.jp/

ストーリーが秀逸なアニメ映画をご紹介しました。気になる作品はありましたか?これを機にアニメ映画の魅力にどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。

『カラフル』
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会

『千と千尋の神隠し』
©2001 二馬力・GNDDTM

『おおかみこどもの雨と雪』
©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

Facebookコメント

Return Top