CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

小栗旬が天パで銀髪の銀時役に決定!大ヒットコミック『銀魂』実写映画化決定!

原作は5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの看板コミック。
抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」の実写映画化がついに決定しました!

舞台はパラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていました。
主人公は、万事屋(なんでも屋)の坂田銀時。天パの銀髪が特徴で、普段は気の抜けたような向上心ゼロの怠け者だが、剣の腕はかなりのもの。ひょんなことから出会った仲間の身におきる様々な事件を描いていきます。

銀髪の“万事屋” (なんでも也)坂田銀時役の小栗旬

銀髪の“万事屋” (なんでも也)坂田銀時役の小栗旬

本作の実写映画化と一緒に、主人公の銀髪の“万事屋” 坂田銀時役を小栗旬さんが演じることも発表されました。
小栗さん自身、銀魂ファンであり、27巻には、なんと「小栗旬之介」という小栗旬のパロディキャラも登場しているんですよ。

原作者・空知英秋さんのコメント
今回の実写映画化について、原作者の空知英秋さんは、「メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。原作の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。」とコメント。

本作の監督は?
脚本・監督を務めるのは、「勇者ヨシヒコ」シリーズ、『HK 変態仮面』、「アオイホノオ」などで高い評価を受けている実力派・福田雄一監督。
「もし『銀魂』が実写化されるなら、福田雄一で実写化して欲しい」「福田雄一だったら見る」と意見がでるほど、関心度は高まっています。

公開は2017年、今年7月から撮影が開始されます。
実写化されるストーリーや他のキャスティングについてはまだ解禁されていませんが、期待度は“うなぎのぼり”。
オリジナリティにあふれる福田の演出と、人気俳優・小栗旬が作り出す『銀魂』の世界はどんな未来が待っているのか…。
2017年最大の話題作『銀魂』については、今後も情報を更新していきます!!

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
2017年 全国ロードショー

Facebookコメント

Return Top