CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

今年も開催!野外で堪能する映画の祭典「星空の映画祭」って?

アイキャッチ
出典:http://www.timeout.com/

夏の1ヶ月間、自然に囲まれた森の中で満天の星空の下、映画を観賞する「星空の映画祭」をご存知ですか?今回はロマンチックな野外の映画館「星空の映画祭」についてご紹介いたします。

森に囲まれ星が降り注ぐなかで映画を見る「星空の映画祭」

20160725-hoshizoraeiga
出典:https://www.facebook.com/

日本初の野外映画フェスとして、ファンを増やし続けている「星空の映画祭」。これまで30回にわたり開催されてきましたが、第31回「星空の映画祭」が2016年7月29日~8月21日(※8月5日・6日は休映)まで開催されています。映画祭の宣伝費はゼロで、スタッフはすべてこの映画祭を愛するボランティアで運営されているにも関わらず、地元の人のみならず、県外にも多くのファンを持つこの映画祭は、1日平均200人の動員数を誇り、愛される名物イベントとして定着しています。

「星空の映画祭」の始まりと復活

______1_HP___
出典:https://www.vill.hara.nagano.jp/

1981年、ペンションのオーナーが『風の谷のナウシカ』を自然の中で大スクリーンで見てみたいと思い立ち、長野県茅野市にある映画館「新星劇場」とコラボレーションして実現したのが始まりでした。開催当初は知る人ぞ知るイベントでしたが、森の中のスクリーンで観る『ジュラシック・パーク』や、満点の星空の下で観る『スター・ウォーズ』は多くの観客たちを魅了し、だんだん県外からの動員も増え、地元の人にも夏の風物詩として愛されていくようになりました。
しかし、2007年に運営資金の問題で、惜しまれつつ幕を閉じたのです。終わったと思われていた星空映画祭ですが、1人の女性が立ち上がったことで、地元住民を中心としたボランティアにより、2010年映画祭はついに復活しました。2013年には5000人、昨年2015年には7000人を超える来場者を記録するなど、地道な活動で多くの映画ファンの心を掴んでいる映画祭になっています。

会場は大自然に囲まれた日本一標高の高い“野外映画館”

16108-01
出典:http://tabizine.jp/

満点の星空の下、野外ステージが映画館となる「星空の映画祭」。会場となるのは、八ヶ岳の麓、長野県諏訪郡原村の八ヶ岳自然文化園園内の野外ステージです。標高1300mに位置する原村の高原に幅11m、高さ5mのスクリーンを張り、35mmフィルムの映写機と最新デジタルシネマ機を完備しており、屋外ながらも本格的に映画を楽しむことができるようになっています。星空の映画祭という名の通り、各回とも19時開場、20時上映開始となっております。日替わりでドリンクやフードを販売する“星空屋台村”も登場し、お腹も満足になること間違いなしです。

新作から名作まで豊富なラインナップ

約1ヶ月間、8作品の映画が日替わりで上映されます。今年は『ロッキー・ホラー・ショー』や『地球に落ちてきた男』など1970年代イギリス映画をリバイバル上映するほか、大人も子どもも楽しめるディズニー最新作の『ズートピア』(日本語吹替え版)、世界中で大ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』や『オデッセイ』など、話題の新作から名作まで豊富なラインナップになっています!

真夏の夜、手が届きそうな満天の星空のなか高原の野外で楽しむことができるロマンチックな「星空の映画祭」。大自然に囲まれた、日本一標高の高い場所にある“野外映画館”のスクリーンで、いつもとは違う気分で映画を観賞してみませんか?星が降り注ぐ真夏の夜を、涼しく楽しく映画の世界観に浸って過ごしてみてはいかがでしょうか。

【第31回 星空の映画祭】
[開催期間] 2016年7月29日(金)ー8月21日(日) ※5,6日は休映
[上映時間] 開場 19:00 上映開始20:00
[会場] 長野県 原村八ヶ岳自然文化園
出典:公式サイト:http://www.hoshizoraeiga.com/

【関連記事】
◆富士山のふもとで映画祭!?「湖畔の映画祭」ってご存知?
◆フェスは音楽だけじゃない!フィルムフェスで映画を楽しもう!

Facebookコメント

Return Top