CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

アナキン・スカイウォーカーだけじゃない!確かな演技力を見せるヘイデン・クリステンセン

ヘイデン・クリステンセン
出典:http://laprensa.peru.com/

『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカー役で一躍有名になった、ヘイデン・クリステンセン。どうしてもアナキンのイメージの強いクリステンセンですが、その確かな演技力で私たちを魅了してくれています!

海辺で綴られる家族の再生物語『海辺の家』

海が見える古い家に住むジョージ(ケヴィン・クライン)は、近所から煙たがられている変わり者。ある日彼は建築デザイナーとして20年も務めた建築事務所を、突然解雇されてしまいます。
家に戻ったジョージは、離婚した元妻ロビン(クリスティン・スコット・トーマス)と16歳になる反抗期真っ盛りの息子サム(ヘイデン・クリステンセン)に、この夏はサムと共にガレージに住み、海が見える古い家を建て直すつもりだと宣言。嫌がるサムを説き伏せ、ジョージはサムと共にガレージでの生活を始めます。

実際に起きた記事ねつ造事件を描いた『ニュースの天才』

政治雑誌の若手スター記者スティーブン・グラス(ヘイデン・クリステンセン)は、他社からも執筆依頼が舞い込むほどの売れっ子記者。記事だけではなく、その人柄も見事で同僚たちからも高く評価されていました。ある日、上とのいざこざが原因で編集長が交代。新しい編集長は、能力は平凡で人望も薄く、グラスをはじめとする記者たちからは歓迎されませんでした。
ある日、グラスは「ハッカー天国」という記事を掲載。少年ハッカーがコンピューター会社をハッキングして取り入り、社員として雇われ多額の報酬を得たという内容でした。これを見たデジタル雑誌の編集長は、なぜ自誌の得意分野なのに見逃したのか不審に思い、部下に調査を命じます。

術中覚醒してしまった青年のサスペンス・スリラー『アウェイク』

大富豪の青年クレイトン(ヘイデン・クリステンセン)は、すぐにでも移植が必要な心疾患を抱えていました。さらに恋人の秘書サム(ジェシカ・アルバ)からは結婚を迫られていましたが、身分違いの恋を母リリス(レナ・オリン)に打ち明けられずにいます。しかしついに母の反対を押し切りサムと二人だけで結婚式を挙げました。そしてその夜、珍しい血液型のクレイトンに合致するドナーが見つかったと連絡が入ります。クレイトンはさっそく手術を受けますが、全身麻酔をかけられているはずなのに鈍るのは感覚だけで、一向に眠りに落ちることができませんでした。

東京ロケも慣行されたアクションムービー『ジャンパー』

ミシガン州で育ったデヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、15歳の時に冬の凍った川に落ちたことがきっかけで、瞬間移動することができる「ジャンパー」の能力が覚醒します。デヴィッドはその能力で自由を満喫。10年後、ニューヨークにあるペントハウスを根城に暮らしていました。そんなある日、デヴィッドは「ジャンパー」を狩る組織「パラディン」の存在に気が付きます。やがてデヴィッドは、何千年も続くジャンパーとパラディンの熾烈な抗争に巻き込まれていきます。

緊迫のクライム・サスペンス!『クライム・スピード』

ジェームズ(ヘイデン・クリステンセン)は、爆弾製造の罪で半年服役していましたが、心を入れ替え恋人エミリー(ジョーダナ・ブリュースター)のために、まっとうに生きる決意を固めていました。しかし彼の前に、兄のフランキー(エイドリアン・ブロディ)が現れます。フランキーはエミリーを盾に取り、再びジェームズに強盗計画に加わるように強要するのでした。

ニュースの天才
出典:http://movies.yahoo.co.jp/

ゴールデン・グローブ助演男優賞にもノミネートされたその確かな演技力で、様々な表情を見せてくれるヘイデン・クリステンセンの今後に注目です!

『アウェイク』
© 2011 Dark Castle Holdings, LLC. All rights reserved.

『ジャンパー』
©Twentieth Century Fox Film Corporation

『クライム・スピード』
© Copyright 2014 Glacier Entertainment SARL of LuxembourgALL RIGHTS RESERVED.

【関連記事】
◆巨匠ジョージ・ルーカスの意志を継ぐ天才映画監督・J.J.エイブラムスの世界
◆『スター・ウォーズ』に影響を受けた映画監督たちの作品を集めてみた

Facebookコメント

Return Top