CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『スター・ウォーズ』に影響を受けた映画監督たちの作品を集めてみた

star-wars-wallpaper
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

絶賛大ヒット上映中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。『スター・ウォーズ』といえば、SFのみならず映画界に大きな影響を与えた作品でもあります。今回は、そんな『スター・ウォーズ』に影響を受けた映画監督とその作品をご紹介します。

SF映画の金字塔2作から影響を受けた『エイリアン』

alien
出典:http://www.amazon.co.jp/

SF作品として不動の人気を誇る『エイリアン』。その監督であるリドリー・スコットは、この映画が『スター・ウォーズ』、そして『2001年宇宙の旅』に影響を受けたことを明かしています。正体不明の生命体が、人間に寄生、孵化し次々と宇宙船のクルーを襲うスペースホラー。「最強の女兵士リプリー」もこの作品が登場作。『スター・ウォーズ』とは一味違う、宇宙でのサバイバル劇です。

未知なる惑星での攻防劇!『アバター』

51X-Tktc9BL
出典:http://www.amazon.co.jp/

『ターミネーター2』『タイタニック』などメガヒット作を次々と生み出すジェームズ・キャメロン。彼もまた、『スター・ウォーズ』が生んだ偉大な映画監督です。15歳のときに『2001年宇宙の旅』をみて映画を撮り始めた彼は、大学中退後トラック運転手などで生計を立てますが、『スター・ウォーズ』をみたことで仕事を辞め、映画作りを再開。メガヒット作を生み出すこととなります。いままでの映画史を塗り替える作品を次々と作り上げ、その集大成とも言える作品が『アバター』。
『スター・ウォーズ』や宮崎駿アニメ作品などの要素をふんだんにとりこんだ世界観は、見る人を釘付けにしてやまないでしょう。

美しい惑星の背景に酔いしれる!

avatar2
出典:http://ucharake.blog.fc2.com/blog-entry-188.html

『アバター』の魅力はそのストーリーや設定、謎など様々ありますが特筆すべきは舞台となる惑星の美しい風景でしょう。人類にとっては猛毒の大気が含まれますが、その代わりに貴重な鉱石を産出するため、「アバター計画」によって人類は大気を克服しようと画策します。原住民や自然を破壊することになるこの行為に疑問を抱いた主人公は、やがて人類と惑星の選択を迫られます。

超人気漫画の映画化作品!『寄生獣』

kiseiju
出典:http://www.amazon.co.jp/

『Always 3丁目の夕日』で映画監督として確固たる地位を築いた山崎貴もまた、『スター・ウォーズ』に影響を受けた監督の一人です。『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』を観たことから特撮の道を志すようになりました。そして『Always 3丁目の夕日』で古き良き日本を描き、『永遠の0』で戦争の悲哀を描いた彼が次に撮ったのがこの映画です。もともと漫画としてそのテーマ性の深さやメッセージ性の強さからカルト的人気を誇っていた「寄生獣」の映画化。原作ファンやそのテーマを失わず、かつ2時間強の映画2本に納めなくてはならないという無理難題を解決して見せた秀作です。人間に寄生し、人間を食い殺す謎の寄生生物。その寄生生物に右手のみを乗っ取られた、シンイチの孤独な戦いが始まります。

松本零士の名作をCGアニメでリメイク!『キャプテンハーロック』

captainharlock
出典:http://www.eyescream.jp/

中学、高校時代に『スター・ウォーズ』や「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」などの影響から映像を志した荒牧伸志。彼の真骨頂とも言えるCGアニメ映画がこの作品です。松本零士原作のダークヒーローとも言える「キャプテンハーロック」のリメイク。原作オールドファンのみならず新規や若年層にも共感してもらえる「ハーロック」が誕生することになりました。遥か遠い未来、あるいは過去。全宇宙に散らばった人類は、地球を聖域とし立ち入りを禁じていました。その全てを統治するガイアサンクション機構に刃向かうただ一人の宇宙海賊キャプテンハーロック。その目的は果たして何なのか。ハーロック暗殺の任務を受けた青年が「アルカディア号」に乗り込むことで物語は動き出します。宇宙船同士の砲撃戦や白兵戦など『スター・ウォーズ』に通じるものが多く、ぜひ見ていただきたい一作です。

最強の怪獣王ハリウッドに現る『GODZILLA ゴジラ』

godzillaa
出典:http://www.amazon.co.jp/

あの怪獣王が再びハリウッドで復活しました。マグロ食べていたようなアレを忘れさせてくれるギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA ゴジラ』。渡辺謙が「セリザワ博士」役で登場していたことも話題になりましたね。ギャレス・エドワーズも幼少時に『スター・ウォーズ』を見たことが、映画製作の道を志すきっかけだったそうです。その後彼は『怪獣総進撃』でゴジラの大ファンに。晴れてリメイクの監督抜擢となりました。

これがなきゃゴジラとは言えない!

houshanessen
出典:http://blog.goo.ne.jp/

ゴジラ最強の武器である放射熱線も登場、相手役の昆虫型怪獣とのタッグマッチは見事です。日本版に比べて、ゴジラの破壊王っぷりは弱いのですが、怪獣バトルが楽しみたい方には十分に楽しんでもらえる内容です。親子の絆、怪獣映画としての面白さ、パニック映画としてのスケール、全てが一級品です。ぜひ大画面でのご鑑賞を!

いかがでしたでしょうか。『スター・ウォーズ』に影響を受けた映画監督たちをご紹介してきました。ここに挙げただけでも世界的なメガヒットメーカーから、日本の新進気鋭の監督まで、あらゆる世代の映画人に影響を与えたサーガであることは間違いありません。『スター・ウォーズ』最新作も、ここに挙げた映画もぜひ一度ご覧になってくださいね。

Facebookコメント

Return Top