体重20キロ増で挑んだ映画『聖の青春』など、松山ケンイチの出演作品をピックアップ!

体重20キロ増で挑んだ映画『聖の青春』など、松山ケンイチの出演作品をピックアップ! レコメンド

【暫定メイン】DSC_7637+

最近は映画で見かけることが多い、松山ケンイチさん。2003年のスクリーンデビュー以来、40本以上の作品に出演しています。『GANTZ』のようなコミックの実写版や『ノルウェイの森』のようなベストセラー小説の映画化など、様々なタイプの作品に関わっている松山さん。原作の良さを決して壊さない役作りが好評です。
そんな松山さんの近年出演した主な作品と、主演最新作をご紹介します。

天界のお茶くみ男がひとりの女性の運命を変える『天の茶助』

「天の茶助」予告篇

人間の運命を決める天界の脚本家。彼らの書くシナリオに沿って、人間たちは生きているのです。そして彼らのお茶くみをしているのが、茶助でした。ある時シナリオに斬新さを、という話を耳にした茶助が何気なく言った言葉で、シナリオが書き換えられます。そしてそれによって、茶助の気にかけている女性が死んでしまうことに…。そこで人間界に降り立った茶助は、彼女を助けるために奔走するのでした。

実直で一生懸命な茶助を演じたのが、松山さんです。ファンタジックでコミカル、そしてあたたかい気持ちになれる映画です。

終戦の日の玉音放送までの激動を描いた『日本のいちばん長い日』

『日本のいちばん長い日』映画オリジナル予告編

1945年、太平洋戦争における日本の戦況は悪くなる一方です。広島と長崎に原爆投下され、日本はポツダム宣言を受け入れることになります。そして、終戦を告げる天皇陛下の玉音放送が決められた頃、戦い続ける意思を掲げる若い将校たちがクーデターの計画を進めていました。

松山さんが演じたのは、陸軍横浜警備隊長の佐々木武雄です。彼はクーデターを起こした青年将校たちとはまた別に、首相官邸の焼き討ち事件を起こしました。
太平洋戦争から、戦争終結を知らせるラジオ放送が流される8月15日正午までを描いた作品です。

せっかくの人生を楽しく生きるための術『の・ようなもの のようなもの』

『の・ようなもの のようなもの』映画オリジナル予告編

出船亭志ん田(でふねてい しんでん)は落語家として、今ひとつぱっとしない人生を送っています。住み込みしている師匠には怒られ、思いを寄せるその娘の夕美にまでからかわれる始末。師匠のそのまた師匠の十三回忌には、かつての弟子を復活させることになり、志ん田は今は落語とは無縁のその男を探します。そしてなぜかその男と志ん田は、共同生活をすることになるのでした。

森田芳光監督の『の・ようなもの』の35年後という設定の作品です。出船亭志ん田を松山さん、夕美を北川景子さんが演じました。

伝説のギャグ漫画が笑撃の実写映画化!『珍遊記』

『珍遊記』映画オリジナル予告編