CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

これぞ菅田将暉の真骨頂!映画『溺れるナイフ』より、息を呑む圧巻の火祭りシーン映像解禁!

絶賛公開中の映画『溺れるナイフ』から、菅田将暉くん演じる“コウ”が、松明片手に圧巻の舞いを見せる火祭りシーン映像が到着!
菅田くんの鬼気迫る表情が印象的な緊迫のシーンとなっています…!

今回解禁された映像は、地元の神主一族の跡取りである菅田くん演じる“コウ”が、実際に火を灯した松明を手に持ち、華麗な舞いを披露する火祭りのシーン。
撮影が行われたのは、熊野川河口付近の高台にあり、国の指定史跡である新宮(丹鶴)城跡。
カットがかかる度に酸素吸引機で息を整えていたという菅田くんの全身を使って野性的に舞う姿は圧巻!撮影が終わった後、スタッフ一同鳥肌が立つほど感動し、圧倒されたといいます。
サブサブ4

150919_0475

ヒロイン・望月夏芽を演じた小松菜奈ちゃんもお気に入りのシーンのひとつとしてあげている、菅田将暉くんの鬼気迫る火祭りシーンが印象的な映画『溺れるナイフ』は、絶賛公開中です!

『溺れるナイフ』ストーリー

あの頃、君が世界の全てで、私たちは永遠だと信じていた―。
15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような‘閃光’と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将輝)だった。傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる…。

『溺れるナイフ』
©ジョージ朝倉『溺れるナイフ』(講談社「別フレKC」刊)
©ジョージ朝倉/講談社

【関連記事】
◆小松菜奈×菅田将暉の魅力を解説!映画『溺れるナイフ』をより楽しめる予習すべき作品もあわせてご紹介!
◆映画『溺れるナイフ』小松菜奈×菅田将暉の海中ラブシーン映像解禁!

Facebookコメント

Return Top