CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

役作りで坊主頭に!?今注目の女優・森川葵のおすすめ出演作品!

アイキャッチ
出典:http://mainichikirei.jp/

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」での一途な女の子が印象的だった森川葵さん。2010年に雑誌”Seventeen”のモデルオーディションでグランプリ、同年にはドラマに出演し、2012年スクリーンデビュー。清廉でキュートな見た目とは裏腹に、役作りで髪を坊主頭にするなど、熱い女優魂も持つ、森川さん出演映画を紹介します。

地獄でロックな高校生活?!『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

修学旅行で乗っていたバスが事故に遭い、死んでしまった高校生の大助。目を覚ますと、そこは地獄!地獄専属バンドのボーカル・赤鬼のキラーKは、大助に蘇るチャンスがあることを教えます。地獄の高校に入学することになった大助の文字通り地獄の特訓が始まるのです。

監督・脚本、宮藤官九郎、キラーKに長瀬智也、大助に神木隆之介。森川さんは大助が憧れる女生徒・ひろ美を演じています。

話題のディーン・フジオカ×森川葵『NINJA THE MONSTER』

忍者の存在が禁止された時代。幕府により危険と判断された忍者は、その身分を隠して生きています。伝蔵もそのひとり。長野藩の幸姫を江戸まで送り届けることになった彼は、物の怪から姫を守り無事江戸に辿りつくことができるのでしょうか。

伝蔵を演じるのは、ドラマで人気急上昇のディーン・フジオカ。そして、幸姫を森川さんが演じています。2013年に、松竹ブルーラインレーベルで制作された海外向けの作品。日本では2016年2月に公開されました。

女の子がかける呪いの謎を解く『劇場版 零~ゼロ~』

寄宿制の女子高、聖日学園。アヤは美しく、他の生徒のあこがれの的でした。ところが卒業式を前に、彼女は部屋から出てこなくなります。この学園にある噂が気になる同級生たち。その噂とは、午前0時に誰かの写真にキスをすると、その相手に呪いをかけることができるというもの。そして、次々と女生徒たちが姿を消す事件が起こります。

噂の呪いの真相を暴こうとすミチを、森川さんが演じています。お嬢様学校という設定で、制服姿も上品で素敵です。

誰が人狼かわからない!人殺しゲーム『人狼ゲーム ビーストサイド』

ある日、由佳は目を覚ますと見知らぬ部屋。同じように事態を呑み込めない同級生が数名いるその部屋のテレビからメッセージが流れます。10人の中の2人は人狼であり、その1人を午後9時までに殺すこと…。誰が村人でだれが人狼なのか。閉鎖された建物で駆け引きが始まります。

森川さん演じる未海は、漫画を描くのが得意な賢い女の子。ショートカットが似合うかわいい女子高生です。

素直になれない2人の映画撮影の旅『チョコリエッタ』

news_xlarge_choco_20150330_02
出典:http://natalie.mu/

知世子は、母の死をきっかけに心を閉ざしてしまった女の子。母の好きだった映画を通じて仲良くなった映画研究部の先輩・正宗と、映画撮影の旅に出ます。途中、喧嘩し山道で別れてしまうなどありながらも、どうにか2人は知世子の家まで戻ってきます。そして、ラストシーンの撮影に入るのでした。

今年に入ってますます活躍している菅田将暉と共演した青春映画。役作りのために坊主頭にした森川さんの心意気が感じられる作品です。エンディングの”jump!”は森川さんが歌っています。

「A-Studio」にも出演!今やテレビで見ない日はないほどの大活躍!

100633_002
出典:http://news.biglobe.ne.jp/

現在、TBS「A-Studio」でアシスタントを務めている森川さん。ここではゲストを相手に素顔を垣間見ることもできます。
2016年秋には内村光良監督の映画『金メダル男』の公開も控える森川葵さん!彼女の活躍はまだまだ勢い衰えず、楽しませてくれそうですね。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

『NINJA THE MONSTER』
©2015 SHOCHIKU Co., Ltd.

『劇場版 零~ゼロ~』
©2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会

『人狼ゲーム ビーストサイド』
©2014「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会

『チョコリエッタ』
©2014寿々福堂/アン・エンタテインメント

Facebookコメント

Return Top