CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

“平成最後”のキュンキュンは僕たちで!映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート

10月9日(火)東京・有楽町にて、映画『』の完成披露試写会が行われ、)さん、さん、さん、さん、さん、さん、監督が登壇しました!

“平成最後”のキュンキュンは僕たちで!映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート

会場後方の扉よりキャストが続々と登場すると、溢れんばかりの歓声が沸き起こり、早くも会場の熱気は急上昇!それぞれ集まったお客さんに手を振りながらステージ上へと向かい、最後に佐藤監督の登壇をキャストたちが手でキラキラを添えながらお出迎え。

“平成最後”のキュンキュンは僕たちで!映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート

――一言ご挨拶をいただきつつ、役を演じられた感想を伺っていきたいと思います。

平野「和泉凛役を演じさせていただきました、平野紫耀です。凛くんは本当にとてもドSでして、女の子にも簡単にゴミって言ったりするんですけど、僕自身はSではないので… まぁ、Mでもないんですけど(笑)なので、女性にゴミって言うのは心が痛いなと思いつつも、凛くんを尊敬しながら演じました。あとは優羽に対してSを出したあとに、自分の家に帰ってもがくシーンなどは、切り替えがとても大変でしたね。」

桜井「優羽ちゃんは自分とは真逆のキャラクターだと思っていて、私はあんなにほわほわしていないし、気が弱くもないんですけど、真逆のキャラクターだからこそ演じがいがありました。優羽ちゃんはコミュニケーションが苦手で、うまく話せなかったりするんですけど、そこがかわいい魅力でもあって、私が演じることでそれがうざったく見えないかというところは心配していました。なので、優羽ちゃんの健気なところや、一生懸命さは意識して演じました。」

“平成最後”のキュンキュンは僕たちで!映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート

玉城「暦役を演じさせていただきました、玉城ティナです。優羽と凛のむずむずした感じを、暦として陰で見守りつつ、言うべきところはスパッと言えたと思います。」

磯村「“オカン系”男子という言葉を、今回初めて聞きました!“オカン”としてどう立ち振る舞ったらいいのかという部分はすごく研究しましたし、ちょうど幼なじみ4人を愛を持って優しく見守る役だったので、しっかり愛を持って現場に臨んでいました。」

“平成最後”のキュンキュンは僕たちで!映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート

桜田「私自身はすごく人見知りな部分があるんですけど、実花ちゃんはコミュニケーション能力が高くて、誰とでもすぐに仲良くなれる女の子だったので、演じていて、私もこんなふうにコミュニケーション能力を高めようと思いながら演じていました。」

伊藤「チャらいけど秀才という部分が難しいなと感じていました。僕の役は幼なじみ4人からしたら初めは邪魔な存在なんですけど、物語の後半にかけて良い意味で影響を与えるような人になっていくので、そこの切り替えは意識して演じさせてもらいました。」

――監督は若いキャストでの恋愛映画が初めてだったと伺っていますが、いかがでしたか?

“平成最後”のキュンキュンは僕たちで!映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート

佐藤監督「あまり恋愛がド真ん中にくる映画をやってきたことがなかったので、ぜひやってみたいとずっと思っていました。本当に伸び盛りで、お芝居に対してもすごく前向きなみんなの若いエネルギーを、おじちゃんとしてはいっぱいもらいました。今日は完成披露ということで、やっとお披露目を迎えました。さっき平野くんが「今日は全部俺に任せろ!」って言ってくれていたんです、「明日のヘッドラインは俺が作る」って(笑)」

平野「言ってないですから、そんなこと!(笑)」

佐藤監督「明日のスポーツ新聞を見るのが僕は楽しみです(笑)」

――監督の無茶ブリもありましたが、平野さん、今日はよろしくお願いします!

平野「よろしくお願いします!…じゃないですよ!(笑)ほんわりやらせていただきます(笑)」

Return Top