CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

思いを込めた漢字で今年を振り返る!映画『愛唄 -約束のナクヒト-』完成披露上映会レポート

12月10日(月)東京・丸の内TOEIにて、映画『』の完成披露上映会が行われ、さん、さん、さん、さん、さん、監督が登壇しました!

思いを込めた漢字で今年を振り返る!映画『愛唄 -約束のナクヒト-』完成披露上映会レポート

――まずは一言ずつご挨拶をお願いします。

横浜「みなさん、本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。横浜流星です。本日みなさんにいち早く、とても大事な作品を観ていただけるということが本当に嬉しいですし、みなさんにどういった反応をしていただけるのか、すごく楽しみです。本日は短い時間ですが、楽しんでいってください。」

清原「初めまして、清原果耶です。今日は会場にお越しくださって本当にありがとうございます。私はこの作品にすごく影響されて人生観が変わったので、みなさんに今日この作品を観ていただけることを本当に嬉しく思います。今日は最後までよろしくお願いします。」

飯島「本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。坂本龍也役を演じました、飯島寛騎です。公開はまだですが、僕にとってはようやくこの日が来たなということで楽しみです。このあと観ていただくと思うんですけど、ぜひぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。」

成海「こんばんは、成海璃子です。本日はありがとうございます。この映画を気に入っていただけたら嬉しいです。楽しんでください。」

財前「こんばんは、財前直見です。暖かかったり、寒かったり、変な気候ですが、こうやって足を運んでいただいて、ありがとうございます。このドラマは“今を生きる”ということをテーマにしていると思います。みなさんも今を一生懸命生きてください。最後までよろしくお願いします。」

川村監督「監督をしました、川村です。本当に今日という日を迎えて嬉しく思います。みなさんに映画を楽しんで観ていただけたらと思っております。よろしくお願いします。」

役作りや撮影裏話、脚本についても!
映画について魅力を語る!

――横浜さん、『キセキ -あの日のソビト-』に続いてのGReeeeN映画プロジェクト、今回は主演でのご参加ということで、現場を振り返ってみていかがでしたか?それからトオルという役を演じるうえで、どんなことを思いながら演じられましたか?

思いを込めた漢字で今年を振り返る!映画『愛唄 -約束のナクヒト-』完成披露上映会レポート

横浜「まずはやっぱり役者として、『キセキ』でご一緒した方々とまたご一緒できることが本当に幸せだなと思っていましたし、主演として脚本を書かれたGReeeeNさんが伝えたいことを僕らが一生懸命伝えなきゃと、すごくプレッシャーは感じていました。もちろんトオルを演じていて辛かったこともあったんですけど、本当に監督、キャスト、スタッフのみなさんに助けられて、撮影期間は楽しく過ごすことができました。トオルを演じるにあたってすごく気をつけたことは、リアルにやってしまうとトーンが落ちてしまうので、監督と話し合って落ちすぎないように意識していました。また感情移入できるような役だと思うので、みなさんから発信されるお芝居を素直に受け止め、素直に返すというのを意識して撮影に臨んでいました。」

――今脚本のお話も出ましたけど、清原さんは初めて脚本を読んだとき、どのように思われましたか?あとは詩人という役を演じるにあたって、心がけていたことはありましたか?

清原「脚本を読んで純粋に感動しました。こんなにピュアな物語を作ってくださった監督に感謝しています。詩人の役を演じるにあたって、凪は詩を書く女の子なので、凪が発する言葉の一つ一つに意味が込もるというか。トオルだったり、たっちゃんだったり、凪のお母さんだったり、いろんな人に与える影響の大きさをしっかりと自覚して、そのうえで凪にいかに寄り添えるかに気をつけながらお芝居をしました。」

――監督、脚本についてGReeeeNのみなさんとはどのようなやり取りがあったんでしょうか?

思いを込めた漢字で今年を振り返る!映画『愛唄 -約束のナクヒト-』完成披露上映会レポート

川村監督「すごく新鮮でおもしろかったです。GReeeeNさんの一番の魅力って、「愛唄」が10年間愛されて歌い続けられているように、言葉の力かなと思っています。予告でも流れているんですけど、トオルが「生きるってなんだよ」って言ったときに、凪が「夢中になるってことだと思う」と言っていて、こういう言葉がどんどんGReeeeNさんの中から出てくるんです。脚本の打合せをしていて、ものすごくおもしろかったです。今回の話は凪の詩を若い3人が読んで、どう感じるのかということですが、GReeeeNさんの一番伝えたいことは凪の言葉に集約されているので、そのあたりも楽しんで観てもらえたらなと思います。あともう一ついいですか?」

――もちろんです!

川村監督「この映画の音楽なんですけど、ほぼ全体をGReeeeNさんが手掛けているんです。映画音楽ってお芝居に合わせて上がったり、下がったり、いろいろと調整しなきゃいけないんですけど、それをやりつつも映画の音楽がGReeeeNの音になっているんですよ。デモテープがあがってきたときに、それを聞いてすごく感動しました。ぜひその部分もみなさんに楽しんでもらいたいです。」

Return Top