CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

『死ぬまでにしたい10のこと』など、凛とした女性を描いた映画

アイキャッチ (47)
出典:http://ameblo.jp/yusukeharada/entry-11145344526.html
「私もこんな風になりたい!」と思える魅力的な女性が登場します

自分の意見を持っていたり、ブレない信念を貫いたりする自立した大人の女性、憧れますよね。そんな意思の強い女性を描いた映画を紹介します。劇中から感じる彼女たちの”芯のある生き方”、学んでみましょう。

自らの死と真正面に向き合った強いヒロイン『死ぬまでにしたい10のこと』



死と向き合うという重いテーマを感じさせない演出と音楽にも注目

突然、余命2ヶ月の宣告を受けたアン(サラ・ポーリー)。ガンに冒されていることは秘密にして、死ぬまでに成し遂げたいこと10個をノートに記して、実行してきます。23歳という若さで、ガンを宣告されたらあなたならどうしますか?
ヒロインは、ママとして、一人の女性として、やりたいことをやって一生懸命に生きるという選択をしました。”毎日を大切にする”という、ヒロインの前向きさと心の温かさに満ち溢れた感動作です。

ココ・シャネルの禁断の愛を描く物語‪『シャネル&ストラヴィンスキー』‬



主演のアナ・ムグラリスはシャネルのオフィシャルモデルも務めています

世界のファッションアイコン、ココ・シャネル。著名な音楽家のストラヴィンスキーを資金面で援助する彼女は、家庭を持つ彼と不倫関係を持ってしまいます。世界中の女性の憧れとなった香水”シャネルNo.5”と、世界的な音楽”春の祭典”が、どのようにして生まれたのかが描かれています。シャネルの冷ややかでいて、透明感ある美しさは存在感抜群。仕事も一切妥協しない彼女の姿勢に感服します。

JKボクサーが男どもをぶっ倒す爽快さが見もの!『ガールファイト』



男勝りのヒロインがとにかく強い!

荒くれ者の女子高生がボクシングと出会い、リングでの戦いを通して成長する物語。”私の生き方はボクシングだ”と決め、純粋にのめり込んでいく姿は、”女版ロッキー”を彷彿とさせます。主演のミシェル・ロドリゲスは、劇中で見せたその強烈な個性と演技に、オファーが殺到。「ワイルドスピード」「バイオハザード」と人気作に次々と出演しました。

16歳で母となった少女のひたむきな姿に感動『‪ジュノ‬』



少女から大人へと成長するヒロイン・ジュノを応援したくなります

たった一度のセックスで妊娠が発覚した高校生ジュノ。産むことを決意した彼女は、両親に助けられながらも、出産までの日々を過ごします。父親となる同級生とのやりとりや、出産をサポートする両親との会話などがコミカルに表現され、”10代の妊娠”という、プライベートな問題をポジティブに描き切っています。
宿った命に向き合う、ヒロインの葛藤や希望に勇気をもらえるはず。

自分を信じ続けた偉大なる女性首相の素顔に迫る『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』‬



妻、母親、国のリーダーとして戦い続けました

演技派女優メリル・ストリープが、英国史上初となる女性首相マーガレット・サッチャーを生き生きと演じた社会派ドラマ。国家の繁栄と、家族の問題を抱えながら次々に降りかかる困難に立ち向かいます。気丈に振る舞いながらも、ときに孤独な一面を見せる”強い女性“は、仕事の最前線で活躍するすべての女性に見てほしいです。

”最強の母親“サラは映画史に残る名ヒロイン‪『ターミネーター2』‬‬



芯のある力強い女性は、どの世代からも憧れる存在ですね

”凛とした女性“が登場する映画の中で、突出した存在感を放つのが、リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナー。1作目ではか弱い女性だったサラは、2作目ではターミネーターに果敢に立ち向かう、ママ・ソルジャーに成長していました。
世界と息子を守るため、自分を犠牲にすることもいとわない姿は強くてカッコいい!やはり母親はいつの時代も強いですね。

Facebookコメント

Return Top