映画『カメの甲羅はあばら骨』コツコツ完成!披露舞台挨拶 オフィシャルレポート「お話をいただいたときは『何じゃこりゃ!?』と思った」(清水) 「あばら骨ポーズ」も飛び出す爆笑舞台挨拶!!

映画『カメの甲羅はあばら骨』コツコツ完成!披露舞台挨拶 オフィシャルレポート「お話をいただいたときは『何じゃこりゃ!?』と思った」(清水) 「あばら骨ポーズ」も飛び出す爆笑舞台挨拶!! イベントレポート

10月28日(金)より公開の映画『カメの甲羅はあばら骨』。本作の完成披露舞台挨拶が10月17日都内劇場で行われ、声優を務めた清水尋也さん、磯村勇斗さん、上國料萌衣さん(アンジュルム)、でんでんさん、そしてモリ・マサ監督が登壇しました。この日は出演者でもある森本晋太郎さん(トンツカタン)が司会を担当しました。

映画『カメの甲羅はあばら骨』コツコツ完成!披露舞台挨拶 オフィシャルレポート「お話をいただいたときは『何じゃこりゃ!?』と思った」(清水) 「あばら骨ポーズ」も飛び出す爆笑舞台挨拶!!

ついに迎えた初お披露目の場。カメ田カメ郎役の清水さんは「お話をいただいたときは『何じゃこりゃ!?』と思ったけれど、カメ役なんて後にも先にもこれしかないはず。僕は挑戦的かつ実験的な作品が好きなので、躊躇なく二つ返事で飛び込みました」とオファー快諾!

カエル川エル隆役の磯村さんは、清水さんとの共演が出演の決め手だったと明かし「尋也君がこれをやるという意外性に心を奪われて、自分もやるしかないだろうと。でも二つ返事なんて…そんなに早かったのかとビックリです」と驚いていました。

フラミンゴ塚フラ美役の上國料さんは「普段はアイドルとして活動しているので、どうして自分なのだろうかと思った」と声優業に不安があったといいます。完成した作品には「奇抜なビジュアルだけれど、それぞれのキャラクター性が強くて物語が成り立っているのが凄い。映画を観終わった後には登場人物に愛着が湧きました」と太鼓判。

ウサギ林ウサ蔵役のでんでんさんは「教師役ということで、中学校の理科の先生をイメージして演じようと思った。たくさんいる俳優の中からわざわざ選んでもらえたからには、楽しんでやろうと思いました」と熱演を報告しました。

体感型動物図鑑を原作にした<王道>の青春あばら骨ムービー。体感型動物図鑑を青春学園ストーリーにした理由についてモリ監督は「最初は図鑑をどうやって物語に落とし込んでいくべきか悩んだけれど、食物連鎖という動物のヒエラルキーを現代のスクールカーストに置き換えようと思った」と狙いを明かし「それぞれのキャラクターの性格も骨格に紐づけているんです」とこだわりを紹介しました。

「骨」をテーマにした内容にちなんで、これまでの人生でこれだけは「コツコツがんばった!」ことをそれぞれが大発表!

清水さんは「中学の受験勉強」といい「僕は基本的にコツコツと頑張れないタイプ。唯一人生で頑張ったことが受験勉強」と回想。無事に第一志望校には合格したそうですが「入ってからはダメダメでした。入学したらこっちのものだとなってしまって…」とあるあるに苦笑い。

磯村さんは「鼻炎の改善」といい「かれこれ何十年か頑張ってきたけれど、コロナ禍で鼻うがいをするようになったら改善した。やはりその日の汚れはその日のうちにですね!」と実感。すると清水さんは「僕も鼻炎持ちなので今日からコツコツ始めます。やり方を後で教えてください!」と鼻炎改善トークに花が咲いていました。

上國料さんは「小銭集め」といい「4、5年前からすべての年代の小銭を集めたいと地道に集めています。ギザ10は溜まりました。1円玉の平成1年から平成十何年がなかなか揃わないので欲しいです。あと500円札も欲しい。皆さん持っていませんか?」と観客に呼び掛けていました。

でんでんさんは学生時代から「卓球」をコツコツ頑張っているそうで「自慢じゃないけれど、芸能人卓球大会では3年連続準優勝。その副賞でもらった腕時計を今日着けてきましたよ」としっかり自慢をしていました。モリ監督は「汁画」という謎の言葉を発し、「これはカレーうどんを食べる時の汁を利用して作品を作ること。YouTubeでも作品の動画をUPしているので見てほしい」と独特。カレーうどんを食べる際に紙を前掛け代わりにして、器用に汁を飛ばして絵を完成させる技法とのこと。これに磯村さんは「検索したら出てきますか?絶対に動画見る!」と興味津々でした。

にぎやかトークもあっという間に終了。最後に主演の清水さんは「映像になってみると、奇抜なビジュアルとは違って、まっとうな青春ストーリーです。ぜひ“#映画あばら骨刺さった”で感想をつぶやいてください。公開に向けてまた宜しくお願いします!今日は楽しかったです!」と全国公開に向けて気持ちを新たにしていました。

映画『カメの甲羅はあばら骨』は、10月28日(金)より全国ロードショー公開です!

映画『カメの甲羅はあばら骨』コツコツ完成!披露舞台挨拶 オフィシャルレポート「お話をいただいたときは『何じゃこりゃ!?』と思った」(清水) 「あばら骨ポーズ」も飛び出す爆笑舞台挨拶!!
『カメの甲羅はあばら骨』公式サイト
<ストーリー>
カメ田カメ郎は、冴えない学園生活を送るごく普通の高校2年生。本音はあばら骨の中に隠して過ごしている。ある日、親友のカエル川エル隆が人助けをしたニュースが瞬く間に拡散し、生徒会長を目指す学園のスーパースター、ライオン寺ライ王たち上位グループの目に留まる。突然彼らの仲間入りをしたカエル川、嫉妬と劣等感に苛まれるカメ田。2人の友情の行方は?そして生徒会選挙当日、“骨と骨がぶつかる”セッションが始まる―!?
骨が変われば世界が変わる。
これは、とある高校生たちとあばら骨の、葛藤と成長の物語。

<作品情報>
タイトル:『カメの甲羅はあばら骨』
公開:10月28日(金)全国ロードショー
キャスト:清水尋也 磯村勇斗 江口拓也 上國料萌衣(アンジュルム)
野津山幸宏 天月 栗田航兵(OCTPATH) 四谷真佑(OCTPATH) 森本晋太郎(トンツカタン) 坂本慶介 でんでん
主題歌:OCTPATH「Like」(YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.)
劇中歌:「骨賛美歌」高垣彩陽
「噛みついても良いですか?」「噛みついても良いですか?~選挙ver.~」サメ津サメ成(CV:天月)
原作:川崎悟司「カメの甲羅はあばら骨」(SB クリエイティブ刊)
監督:モリ・マサ 脚本:田中眞一 モリ・マサ アニメーション制作:タイプゼロ
企画:Studio Outrigger 製作:カメの甲羅はあばら骨製作委員会 配給:イオンエンターテイメント、アスミック・エース
©2022カメの甲羅はあばら骨製作委員会 ©川崎悟司 / SBクリエイティブ
イベントレポート
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene