「タイタニック」公開25周年記念!映画タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』悲恋なのにハッピーエンド・・・?!他のラブストーリーとは一線を画すタイタニックの魅力とは?

レコメンド

1997年に劇場公開された映画『タイタニック』。世界中で一大旋風を巻き起こすほどの大ヒットを遂げた同作を、現在の最新映像技術で蘇らせた『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』が、ついに公開!

「タイタニック」公開25周年記念!映画タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』悲恋なのにハッピーエンド・・・?!他のラブストーリーとは一線を画すタイタニックの魅力とは?

『タイタニック』といえば、「ターミネーター」シリーズや「アバター」シリーズで知られる映像界の巨匠ジェームズ・キャメロン監督が手掛けた一作で、ダイナミックで迫力の映像と、人々の心を震わす愛の物語で、世界中に驚きと感動を届けました。アカデミー賞®作品賞を含む歴代最多タイとなる11部門受賞という偉業を成し遂げ、公開から約25年が経った現在でも日本の洋画歴代興行収入1位(262億円 ※興行通信社より)を守り続けています。

そんな今なお愛され続けているこの不朽の名作が、今年のバレンタイン時期2週間限定(IMAXは1週間限定)で、さらに進化して劇場に戻ってきます!

2月10日(金)から公開となったばかりの『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』。公開初日の前売りチケット発売が開始されるが否や勢いよく座席が埋まり、今週末も満席の劇場が続出!大きな話題となっています。今回は、25年前に誕生した『タイタニック』人々を魅了し続けているのか、その理由をご紹介していきます。

まるで目の保養!美しすぎるラブストーリー

「タイタニック」公開25周年記念!映画タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』悲恋なのにハッピーエンド・・・?!他のラブストーリーとは一線を画すタイタニックの魅力とは?
(L-R): Leonardo DiCaprio as Jack and Kate Winslet as Rose in Titanic.

1912年に実際に起きたタイタニック号沈没事故をベースに、新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と上流階級の娘ローズ(ケイト・ウィンスレット)の身分違いの愛を描く物語。

豪華客船・タイタニック号で運命的な出会いを果たしたジャックとローズは、全く異なる立場ながらも強く惹かれ合い、短い時間の中でも心を通わせていく――。そんな2人のロマンティックなシーンの数々に、世界中が惹き込まれました。中でも人気が高いのが、当時のカップルがこぞってマネをしていた“タイタニックポーズ”が登場する船首でのシーン。

そこには、望まぬ政略結婚が待ち受ける人生に絶望していたはずのローズが、その瞬間を大切に生きるジャックの自由さに感化され、心を解放している姿が。まるで空を飛んでいるかのようなポーズで寄り添い、大海原を眺めながら風を感じている2人の、美しくもエモーショナルな時間に心ときめかずにはいられません・・・!

実は、この物語ではタイタニック号がひとつの世界を表現しているとも言われており、タイタニック号の進行方向にあたる船首側を<未来>、船尾側を<過去>と捉える評論家たちも多い。船尾でジャックと出会ったローズが、自身のしがらみを取っ払う決意を決め、船首でジャックと共に歩む未来を見つめているようにも感じられるロマンティックなシーンとなっています。

時より、私たちの日常の中でもロマンティックな出来事があると、「映画のようなワンシーン」と表現されることがあるが、そう聞いて1番に思いつくようなドキドキがたっぷり詰まっているのが、本作なのです。

監督が語る、『タイタニック』で描かれる究極のラブストーリーとは・・・?

「タイタニック」公開25周年記念!映画タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』悲恋なのにハッピーエンド・・・?!他のラブストーリーとは一線を画すタイタニックの魅力とは?
(L-R): Leonardo DiCaprio as Jack and Kate Winslet as Rose in Titanic.

その後、幸せムード漂う2人に待ち受けていたのは、皮肉な運命だった・・・。

不沈と謳われていた豪華客船タイタニック号が、不運な事故により、みるみる海の中に沈んでいってしまいます。ジャックとローズは互いを強く想い共に生き抜こうとしますが、「必ず生き延びると、約束してくれ」と極限状態で諦めそうになるローズを最後の最後まで励まし続けていたジャックが、悲しくも息を引き取ってしまう――。

2人の悲しい結末に全世界が心震わされ涙しましたが、愛する人を強く想う2人の物語には続きがあります。ジャックとの別れを経験した後、彼との約束を胸に、103歳まで人生を自由に謳歌したローズ。温かなベッドの中で眠る彼女は、愛するジャックとの幸せな夢を見ます。不運な事故によって引き裂かれた2人が夢で再会を果たすのです!

先日行われたインタビューでジェームズ・キャメロン監督は、その部分こそが『タイタニック』が人々を惹きつけて話さない理由なのだと説明。

キャメロン監督は、「本作には、悲劇であることの美しさ、悲しい形で終わるラブストーリーの美しさがあるんだよ。最後にキスで終わるロマンチックコメディも、夕日に向かってふたりが歩いていくというのも、もちろん良いでしょう。ですが、引き離されるというのはもっとパワフルです。そして、死ほど永遠で究極の別れはありません」と説明。

その上で、「映画の最後でふたりは一緒になります。あれは死後の世界なのか、それともローズが思っているだけだけなのか。彼女にとって、ジャックと過ごした時間は人生の最も大切な瞬間でした。その時のことを、ローズは103歳になっても明確に覚えていて、いつか彼とまた会えると信じている。あなたが子を持つ親なら、あるいは配偶者、パートナーを持つならば、死がいつか自分たちを引き離すことは想像できるでしょう。そして、その後の世界でまた会える可能性について考えるでしょう。映画はそこで終わるのです。この映画では美しいこと、激しいことがたくさん起こり、素敵な音楽もありますが、それらはすべてあのラストへとつながるのです」と語っています。

人々からは切り離せない、「死」という究極の別れの“その後”に繋がる物物語――悲恋だけでは終わらない、究極のラブストーリーが『タイタニック』の最大の魅力なのです。

そんな究極のラブストーリーを大画面で堪能できるのは、今年のバレンタイン時期、2週間だけ!しかも、今回は最新の映像技術でさらにグレードアップさせた3Dリマスター版!映像の神と崇められ、世界に驚きと感動を届け続けてきたキャメロンが、今年のバレンタインにどんなサプライズを届けてくれるのか?!当時の感動をそのままに、さらに鮮明に進化した本作に期待が高まります!

映画『タイタニック:ジェームズ・キャメロン 25 周年 3D リマスター』は2月23(木)日まで上映中です!(※一部劇場を除く)

『タイタニック:ジェームズ・キャメロン 25 周年 3D リマスター』公式サイト
<ストーリー>
1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる‥‥。

<作品概要>
■監督・製作・脚本・編集:ジェームズ・キャメロン
■出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/ビリー・ゼーン/キャシー・ベイツ/ビル・パクストン
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
■コピーライト表記:© 2023 by 20th Century Studios and Paramount Pictures.