不朽の名作『タイタニック』が25年の時を経て、バレンタインデーに壮大な愛の物語が一新された映像で再び美しくよみがえる!!

不朽の名作『タイタニック』が25年の時を経て、バレンタインデーに壮大な愛の物語が一新された映像で再び美しくよみがえる!! ニュース

1997年に公開され、アカデミー賞®作品賞を含む歴代最多となる11部門受賞という偉業を成し遂げ社会現象を巻き起こした映画『タイタニック』。

公開当時、全世界歴代興行収入1位に輝いた本作は、日本でも1997年12月20日の公開から翌1998年11月までの約1年間の超ロングラン上映という大記録を達成し、約25年が経った現在でも、日本の洋画歴代興行収入1位の262億円(※興行通信社より)を守り続けています。


今なお世界中で愛されている不朽の名作『タイタニック』を手掛けたのは、巨匠ジェームズ・キャメロン監督です。

『ターミネーター』(84)、『エイリアン2』(86)、『アバター』(09)など数々の大ヒット作を生み出し、映像の神様とも称されるジェームズ・キャメロン監督。

また昨年の12月16日(金)には、最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が公開を迎え、2022年に公開された作品で全世界興行収入No.1を記録しています。

昨年実施された『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の来日ジャパン・ツアーも大きな話題となったキャメロン監督が、こだわり抜いて作り上げた作品の1つが『タイタニック』です。


そしてこの度、本作の劇場公開25周年を記念して、2月10日(金)より『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』が3Dの大スクリーンで全国劇場にて公開されることが決定しました!(IMAXは1週間限定公開)

1912年に実際に起きたタイタニック号沈没事故をベースに、新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズの愛の物語を描いた感動のスペクタクル超大作を、一新された映像でもう一度劇場で体感できます。



レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットのあの名場面をもう一度—



さらに、『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』の公開決定を受け、特別予告映像が解禁となりました!

映像では、アカデミー賞歌曲賞®やグラミー賞®の最優秀レコード賞ほか数々の賞に輝き、世界中で大きな話題を呼んだ世界の歌姫セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「My Heart Will Go On」のメロディーが流れ、私たちを一瞬にして『タイタニック』の世界へと引き込んでいきます。


『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』特別予告映像 2月10日(金)より劇場公開!

そして、なんといっても見どころは、レオナルド・ディカプリオ演じるジャックとケイト・ウィンスレット演じるローズが船首に立って両腕を広げるあの有名なシーンです!

誰もが知るあの名シーンも、リマスター版で美しく生まれ変わります。

最新の技術を駆使した3Dリマスター上映で、タイタニック号の航海もより一層臨場感を感じることができるはずです。


公開日の2月10日(金)はバレンタインシーズン真っ只中ですが、2008年に実施された米オンライン映画チケット販売会社ファンダンゴ・ドット・コムの調査では、2月14日のバレンタインデーに見たい映画ランキングで男性1位に『タイタニック』が選ばれたこともある本作。

さらには、英調査会社ワンポールが今年実施した調査では、『ジュラシック・パーク』、『アバター』を抑えて、本作が映画館で観るべき「最高の」作品に選ばれました。

2023年のバレンタインは、『タイタニック』が大好きな人はもちろん、映画館で観たことがない人も、この機会に3Dの大スクリーンで、涙なしでは観られない壮大な愛の物語を見届けてください!


『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』は2月10日(金)3Dにて全国劇場公開です!

不朽の名作『タイタニック』が25年の時を経て、バレンタインデーに壮大な愛の物語が一新された映像で再び美しくよみがえる!!

【ストーリー】

1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる‥‥。

▪監督・製作・脚本・編集:ジェームズ・キャメロン

▪出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/ビリー・ゼーン/キャシー・ベイツ/ビル・パクストン

▪配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 

©表記:© 2023 20th Century Studios. 

‣HP ‣TwitterInstagramFacebook

ニュース
CinemaGene編集部をフォロー
CinemaGene